ボレーに対する誤ったイメージを4つ挙げてみた

どうも!現役コーチのジュリイです!

あなたの苦手ショットとは何でしょうか?

今回はボレーが苦手、上手くいかない、コントロールできない、というあなたのための内容となります。

ボレーが上手くいかない人には、ボレーに対して間違ったイメージを持っていことが考えられます。

そのために上達が妨げられているのかも知れません。

ボレーが苦手なスクール生の方の多くは以下のようなイメージをもっていたようです。

<ケース1>

ターゲットに対して、一直線にボールを飛ばそうとしている

狙いたいエリアやターゲットに対して、直線的なイメージでボールを飛ばそうとすると、ボールのスピードを上げないといけません。

ボールのスピードを上げるということは、ラケットを振ることになり、結果としてラケット面は安定せず、ボールも思うようにコントロールできなくなります。

正しいボールの軌道のイメージは「放物線」です。

山なりにボールを飛ばすイメージを持ちましょう。

すると、そんなにラケットを振らなくてもターゲットまでボールが届くようになるはずです。

<ケース2>

プロ選手のような、鋭いボレーのイメージが強い

確かにプロの選手は鋭いボレーを打っています。

しかしプロ選手であっても、ドライブボレー以外は、決して自分からボールに勢いをつけようとはしていません。

プロ選手や上級者のボレーが鋭い訳は、相手のボールが速いからです。

速いボールをボレーで返せば、速いボールが返ります。

ボレーは相手のボールの勢いを利用して打つショットです。

あなたの相手のボールはプロ選手並みのボールでしょうか?

恐らく一般人か、球出しのボールですね。

相手がコーチだとしても、きっと加減しているはずです。

そのようなボールをボレーで打ち返すと、相手のボール以上に速いボールにはならない(※鋭いボレーにならない)

のが普通です。

遅いボールになっても良い。遅いボールが正しいボレーなんだと思いましょう。

<ケース3>

ボレーはポイントを取るものだと思っている

ボレーはネット近く打つショットなので、ポイントに結びつくことが多いことは確かです。

しかし、だからといってポイントを取らなければいけない訳ではありません。

ネットより低いボールは慎重に返す必要があるし、相手のボールが速い場合は、とりあえずラケット面を作って返すだけしかできないことも多いです。

攻めのボレーもあれば、守りのボレーもあるということを理解しましょう。

<ケース4>

ボレーのボールにも、ストロークと同じようにスピードがある方が良いと思っている

速いボールを打つことの最大のメリットは、相手から時間的余裕を奪うことにあります。

あなたがネットにいる場合、そこからボールを打つだけで、すでに相手から時間を奪っています。

相手は、ボールがネットを越えたと思ったらすぐにボールが返って来るのですから、時間的余裕は無いと言えますね。

そう、ただボレーをするだけで、すでに有利な状況なのです。

あなたは自分の打ちたいコースへラケットの面を向け、相手のボールの勢いをそのままに返すだけで、相手から時間的余裕を奪った十分なボールとなります。

そこからさらにボールにスピードを与える必要はありません。

それをすると、コントロールを失い、ミスにつながるでしょう。

いかがでしたか?

あなたに思い当るケースはありましたか?

ボレーは特に誤ったイメージを持ちやすいショットです。

今回の記事があなたのお役にたてれば嬉しいです。

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. もう中 より:

    返答有難うございます。たぶん、今はフォアのスライスだと思います。よくわからないから、動画でスライスを検索してバックハンドの動画ばっかりでてきて、フォアっていうので、フォアの動画をみせたら、かっこ悪ーてマネしてすぶりしてたのでフォアだと思います。ラリー練習で、スピンではなくスライスでラリーがつづくようにようになりたいみたいです。(もう中親)

  2. ジュリイ ジュリイ より:

    もう中さん、こんばんわ~
    バックハンドスライスについての質問ですね?
    要するにスライスを上手になりたいということで良いでしょうか?
    また記事にしたいと思いますので少しお待ちくださいね。
    過去記事もバックハンドスライスについて書いているので、もし読んでい
    なければ参考にして下さい。
    バックハンドスライスは感覚を真似てお皿をなぞるべし

    バックハンドスライスをお勧めする8つの理由

  3. もう中 より:

    スライスはどうやってうまくなっていったか教えてください。
    ずっとスピンのフットワークや素振りを足や体で覚えて、球出しやラリー練習でOKがでるまで本当にこまかくチェックされながら教わってきました。小5の途中からあまり言われなくなって、こんどはスライスの感覚をつかめるようになるには、とりあえず上にボールをなげてラケットでキャッチする。バックは片手でついでに背面もできればかっこいいーとかで、コーチ待ちのとき暇でよくやってたので背面キャッチは今もむつかしくてできないけど、ラケットでキャッチボールができるようになりました。スライスの練習はコーチが前の方におとしたボールにおいついてスライスで返す練習しかしたことがなく、ゲームのときにスライスでときどき、うてそうなときにうっても、ネット前におちるか、ネットをこえるか、うった気がしないお粗末なボールしかとびません。ボレーみたいな感じでうったら、ドロップショットみたいな感じでうてたので、うれしかったです。
     スピンはずっとやってたから何となくできるようになっていったので、スライスも何となくでいいから遠くや近くにとばせるようになっていきたいです。コーチはスライスをうてるけど、スライスのレッスンをするコーチに会ったことはないし、どうやってスライスをうまくなっていったかおしえてください。(母親の私がテニスのことをよく知らないのでを毎回回答して頂いて申し訳ないです)。

  4. ジュリイ ジュリイ より:

    あつさん、こんにちは!
    なんと全てですか~!?
    でも逆に意識を変えれば劇的に上達するかも知れませんよ!?

  5. あつ より:

    こんにちは。な、なんかすべて当てはまってしまってる気がします。。
    意識を変えなければ。。