テニス試合で前の(短い)ボールへの反応を良くしたいです ~質問と回答~

どうも!現役コーチのジュリイです!

質問がきましたのでお答えしようと思います。

質問者:もう中さん

質問内容はこちら

前のボールが弱いです。今よりも反応をよくする方法はありますか。ゲームでラリーが続いてて、急に前に落とされるボールに弱いです。今のスクールの子たちに前が弱いって分かられてしまい、狙われるようになりました。少しは取れるようになった気がするけど、もっと反応を良くして取れるようになりたいです。

もう中さんからは、以前別の質問を頂いたので、少しはどのような人かが分かるので、それを前提にお答えしますね。

前の(短い)ボールの処理をうまくなりたいということですが、質問文の中にあるように反応を良くすることは確かに大事ですね。

反応を良くする=スタートを速くする

テニスにおいてはこのような認識で良いと思うので、これをベースに考えてみましょう。

さて、スタートを速くするにはどうすれば良いか?

について考えてみましょう。

ひとつ目は、反応速度を上げること。

そして実際にボールに追いつくには脚力(ダッシュ力)をつけることです。

これらは地道なトレーニングが必要です。

反応速度を上げるには、アジリティトレーニングやラダートレーニングが効果的です。(※内容については長くなるので、ここでは触れません)

ここまでは自分の反応速度を上げる方法について書きましたが、ここからは実際のゲームに当てはめた対応策を考えてみます。

これを実践する方が、早く効果を実感できると思います。

テニスのゲームには相手がいます。

相手が前への短いボール(ドロップショット)を打とうとする時に、いきなり何の前触れもなく打ってくる訳ではありません。

よく観察しておけば、必ずなんらかの前兆となる動きがあるはずです。

その動きを察知できれば最初の1歩が速くなり、今まで追いつけなかったボールも取れるようになるでしょう。

もう中さんくらいの年齢では、完璧なドロップショットを打てる子って、ほとんどいないと思います。

相手がボールをを打つ前に、

◆グリップを握り変える
◆テイクバックがいつもと違う
◆体重が後ろにかかる
◆スウィングが遅くなる

などの動きがあれば、ドロップショットの可能性が高まるので、前に走る準備をしておくと良いですね。

さらにもうひとつ。

相手が狙ってドロップショットを打ってくるということは、逆に言うと相手にドロップショットを打たれるくらいのボールを自分が打ってしまっているということです。

錦織選手はドロップショットが抜群に上手いですが、自分が不利な状況では絶対にドロップショットを打つことはありません。

自分に少し余裕ができ、相手にドロップショットと悟られないような状況にならないと打たないのです。

だからこそ、相手が取れないドロップショットが成功するのです。

ボールにスピードがあったり、深いボールだったり、しっかりとスピンがかかっていたりすると、ドロップショットを打っても成功しません。

ミスが出るか、コントロールが悪くなるか、打つ前にフォームで分かります。

なので、前のボールへの反応を良くすることと同時に、ドロップショットを打たれる状況を作らないことが大事ですね。

まとめ

①反応速度を上げるトレーニングはコツコツと行う

②ドロップショットを打つ前に、それを察知してスタートを速くする

③相手にドロップショットを打たれる状況を作らない

僕なりの回答は以上です。

参考になりましたでしょうか?

また更新します

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. もう中 より:

    回答ありがとうございました。コピーしてーって、プリントして読んでましたが、とてもわかりやすかったみたいです。ありがとうございました。(もう中の親)

  2. […] see more at テニスコーチ歴20年ジュリイが教えるテニスが100倍楽しくなるブログ […]