年末のテニスの試合で優勝したいです。戦術だけを考えるようにしていますが・・・~質問と回答⓵

どうも!現役コーチのジュリイです!

質問が頂いたので僕なりの回答をしたいと思います。

質問者:キマビッチ君

質問内容はこちら

いつもブログを拝見させていただいてます。高校一年のキマビッチです。いつも為になることを書いていらっしゃるので質問してみました。少しコーチには質問しにくいので。年末に県大会があってドローも出ているのですが、当たる相手のことを考えると負けるんじゃないかなど悪いイメージと不安が浮かんできてしまいます。なんとか戦術だけを考えるようにしているのですが、やはりいいイメージと自信を持って試合に臨み、優勝をしたいです。どうすればよいでしょうか。

キマビッチ君からは他にもいくつかの質問を頂いたのですが、他の質問にはコメント欄にて回答させて頂きました。

興味のある方はコチラの記事のコメント欄をご覧下さい。⇒テニススクールで進級したいけどどうすれば?~質問と回答~

それでは回答しようと思いますが、その前に・・・。

実は今回の質問について、ジュリイがYコーチに意見を求めました。

※Yコーチは何度か僕のブログに登場した、メンタリストコーチです。

以前の記事はコチラ⇒錦織圭、全米オープン決勝の敗戦は自ら望んだも​のだった!?

すると、Yコーチは僕がレッスンをしている間に、Yコーチからの回答として記事にしてくれました。

仕事が速い!(^_^)/

と、いうことで、今回はジュリイからの回答と、Yコーチからの回答の2本立てでお送りします。

それでは僕、ジュリイからの回答です。

テニスはスポーツの中では実力通りの結果になりやすいスポーツです。

なぜなら一発逆転が無いからです。

めちゃくちゃ走って、何本もラリーを続けても1ポイント。

ダブルフォルトも1ポイント。

そしてその積み重ねがゲームとなり、セットとなり、勝敗がつきます。

当然ですが、多くポイントを獲得した方が勝ちますが、ここでは試合のポイントの中身について考えてみたいと思います。

キーとなるのはキマビッチ君の質問の中に出てきた「戦術」そして「戦略」について。

質問の内容から察するに、キマビッチ君の中ではすでにライバルと呼ぶべき人がイメージできているのではないか?と思います。

その相手がどのような相手なのか?

詳しく相手を知りましょう。

相手の得意なプレイと苦手と思われるプレイ。

得意なポイントパターンと、苦手な状況などです。

そしてその相手に対して、自分ができることを考えて戦略を練りましょう。

相手には得意なことをさせずに、自分だけ得意なことができるように考えてみます。

そしてそれを実行するための戦術を、練習で繰り返し行います。

試合までそんなに時間がある訳ではないと思うので、全くやったことのないショットや苦手なショットを得意に変えるというの難しいです。

今の自分にできること、その確率を上げていくことに重点を置きましょう。

先に書いた、ポイントの中身についてのことですが、ポイントのほとんどはエラーです。

派手なエースやそれに近いショットは印象には残りますが、数えてみると実は1試合あたり数ポイントだったりします。

それではエラーを無くすことができれば良いと思うのですが、そう簡単にエラーは無くなりません。

それができれば誰でもすぐにプロになれますよね?

しかし、それは相手も同じなのです。

ということは、実力が同じであれば、同じくらいのエラーが出て、同じくらいのエースが取れる(又は取られる)ということになります。

では、勝敗を分けるのは何か?

それが戦略と戦術であると僕は考えます。

乱暴な言い方になりますが、同じ実力の者同士が対戦すれば、より考えてプレイした方が勝ち、考え無しにプレイした方が負けるということです。

戦略をあらかじめ立てて、それに合わせた戦術を駆使してプレイすれば、ほんの少し自分のエラーが減り、ほんの少し相手のエラーが増えます。

その差が勝敗となって表れると考えます。

その差はポイントにすれば、わずか数ポイントでしょう。

しかし、その数ポイントが自分のものになるだけで、今まで4-6で負けていた相手に勝てるようになります。

以下のゲーム推移を見て下さい。

よくある試合の展開を仮定してみました。

左が自分で、右が相手です。右の数字はゲーム中の獲得ポイント内訳です。

1-0   4-2
1-1   1-4
2-1   5-3
2-2   3-5
3-2   4-1
3-3   2-4
3-4   5-7
3-5   2-4
4-5   5-3
4-6   1-4

この試合は4-6で負け。

獲得したポイントは32-37となり、総獲得ポイントも相手の方が上です。

次に、戦略、戦術を駆使し、試合の中で4ポイント多く取ることができたと仮定します。

第4ゲームと、第8ゲームに2ポイントづつ取れた場合、以下のようなスコアとなります。

1-0   4-2
1-1   1-4
2-1   5-3
3-1        5-3
4-1   4-1
4-2   2-4
4-3   5-7
5-3   4-2
6-3   5-3
(4-6   1-4)

この試合は6-3で勝ちましたね。

獲得したポイントは、35-29となり、( )内のゲームは行われないので、結果的に自分の方が6ポイントも多く取れたことになります。

いかがですか?

戦略を立てて、それに沿った戦術を考えて、実行すれば、今まで4-6で負けていた相手にも勝てるようになります。

練習を積んでエースの数を増やした訳でもなく、足腰を鍛えてエラーを減らした訳でもありません。

相手を分析し、自分を見つめ直した上で戦略を立て、それを実行した結果です。

今できることは、相手に効果的な戦術を試合で実行できるだけの技術を身につけること。

キマビッチ君の求めていた答えになっていないかも知れませんが、試合における戦略、戦術の大事さは伝わったのではないか、と思います。

試合に向けてのメンタル面のコントロールの仕方については、Yコーチが詳しく述べてくれているので、そちらを読んで下さいね。

長くなったので、その②に続きます

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    もうすぐ中学生女子さん、こんばんは。はじめまして~( ^^) _旦~~
    これはペンネームなのかな?
    それとも本当にもうすぐ中学生なのかな?
    ・・・まあ、それは良いとして、女子のきつい顔ですか・・・。
    まあ、確かに怖いですね。
    でもあなたに怒っている訳ではないでしょうから、気にしないのが一番ですが。
    それでは答えにならないので、記事にて取り上げさせて頂きたいと思います。
    少しお待ちくださいね。

  2. キマビッチ より:

    ご回答ありがとうございます‼︎相手を見て試合をするということですね。今まで自分のミスやエースばかりを気にしていたのでもっと相手のパターンを研究してみます。またその②も楽しみにしています。ありがとうございました。

  3. もうすぐ中学生女子 より:

    女子のきつい顔ってこわくないですか?私はそんな女子と試合するとき、テェンジコートでお茶をのむときもこわいし終わってから握手をするときもこわいです。勝っても負けても、くやしいとかうれしいとかよりこわいです。怖くない子もいますが大半は顔がきついー月例大会は男女混合のを選んででています。男子とあたると、女子よりボールは強いけど、気分的に気が楽になり、試合が楽しいです。どうしたらいいですか。