テニスのテイクバックの2度引きは「悪」なのか?

どうも!現役コーチのジュリイです!

あなたはテニスのスウィング(ストローク)をする時に、2度引きしていますか?

2度引きについて、どう思いますか?

テニスのストロークのスウィングをする時に、ラケットを引く動作をテイクバックと言います。

(※ラケットを引くという表現は好きではありませんが、便宜上そう表現しています)

その時に、ラケットを1回引いて、ボールがバウンドする時にもう一度ラケットを引く動作を入れる場合、ラケットの2度引きと言います。

僕の意見は2度引きはアリだと思っています。

逆に最も良くないのは、ボールが弾むまでラケットを全く引かず(身体のターンもなく)ボールが弾んだタイミングで一気にラケットを引くことです。

初心者のスクール生の約半分くらいはこのタイミングでラケットを引いてしまいます。

ボールが弾むところは目に見えるだけに、そのタイミングでラケットを動かし始める気持ちは分かりますが、少し速いボールが来た場合は振り遅れてしまいます。

ラケットの始動が遅いと、遅れを取り戻そうとしてスウィングが速くなり、力加減ができなくなります。

力んだ状態でスウィングすることが多くなるでしょう。

あなたが初心者で、ストロークの力加減が上手くいかないと思っているなら、もしかするとラケットの始動が遅いのかもしれませんね。

対して2度引きのスウィングですが、僕が推奨する2度引きのタイミングをお答えします。

1度目のラケットを引くタイミングは、相手からボールが飛んできて自分の右に飛んで来るか、それとも左か、それが分かった時点で引きます。

引き方は、肘からラケットを引きつつ身体をターンさせます。(大体ネットを越えるくらいで分かるはずです)

次に2度目のタイミングは、ボールが弾むタイミングです。

この2度引きの良い所は、最初にある程度ラケットを引いて準備ができているところです。

全く準備ができていない状態と比べると、身体のターンができているので振り遅れることもなく、ボールが弾むタイミングにも合わせられるのでお勧めです。

今までボールに振り遅れることの多かったあなたや、つい力んでしまうあなたにはぜひ試してもらいたいと思います。

2度引きはダメ!と聞いたことのある方もいるかもしれませんが、あなたに合ったスウィングがひとつだとは限りません。

プロ選手を例にとっても、テイクバックには色んな形があります。

ただし上手な人に共通しているのは、速い準備ができているということ。

ボールがどちらに来るのか、分かった時点でテイクバックを始めることが大事です。

※テニス経験の浅い方へ向けた、「失敗しようがないテニス上達法動画」というDVDを買ってみました。
DVDを観たジュリイの感想と評価はこちら⇒テニス初心者、初級者にぴったりのテニス上達法DVDがありました!

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする