ダブルスのポジションは、サイドよりセンターを重視するという考え方 ~ダブルス家訓シリーズ~

どうも!現役コーチのジュリイです!

あなたはダブルスの守備範囲や自分のポジショニングについて迷ったことはないですか?

守備範囲の考え方については過去記事の、「図解でわかるダブルスのポジション」に書いていますが、今回はもう少し踏み込んだ実践的なポジションについて書いてみます。

ダブルスは2人でコートを守るものですが、2人でコートの隅ずみまでカバーできるかといえば、そんなことはありません。

相手のボールのスピードが速い場合、いくら2人でコートを均等に守っていても、センターを抜かれてしまうこともあります。

逆にサイドを抜かれてしまった経験もあるでしょう。

サイドをケアするとセンターを抜かれ、センターをケアするとサイドを抜かれ、

それじゃあ一体どうすればいいの?

あなたがこう思ったとしても不思議はありません。

ボールに触る機会を増やすことが大事

プロ選手はもちろんのこと、ダブルス上級者は前衛がボールにタッチする回数が多いほどポイントを取れることを知っています。

テニスは基本的にクロスにボールを打ち返すことが多いため、ボールはネットの中央を通過します。

ということは、ボールにタッチする(ボレーする)機会が多いのはセンターですね。

そしてサーバーは自分の前衛がボレーしやすいように、センターにサーブをコントロールします。

このように、ポイントを取るためには相手のセンターを突き、そして自陣のセンターを守る。

いや、守るというより、相手のクロスへの返球を触りに(ボレーしに)行くことをダブルス上級者は考えています。

あなたのペアも、このような考えを持つことによりダブルス上級者に近づくことができるはずです。

しかし不安もあることでしょう。

そんなにセンターに寄ってしまったら、サイドがら空きでスパスパ抜かれるんじゃないか?

とか、

自分のペアとセンターの守備範囲がかぶってしまうんじゃないか?

と思うと思います。

それでは一つ目の疑問から。

サイドを抜かれることの原因はひとつではありません。

原因はあなたのポジションにあるのではなく、パートナーが放った相手への送球が甘かったかも知れません。

打ち頃のボールがダブルスサイドライン付近に来れば、誰だってあなたのサイドを狙いたくなります。

逆にあなたのパートナーが低く滑るようなボールをセンターに送ったらどうでしょうか?

あなたのサイドを抜きにくると思いますか?

おそらく相手はそんな気は起こらないでしょう。

無理に打てばボールが浮くか、ミスをするかのどちらかです。

残るコースはセンターか、あるいはロブしかありませんね。

このように、センターに質の良いボールを送ると、相手のできることが限られてきます。

こちらとしては次の予測が立てやすくなります。

センターへのコースがいかに優れているか、理解できたと思います。

次にセンターを狭くポジションすると、ペアと守備範囲が重なるという問題ですが、重なってOKです。

センターを抜かれてしまうくらいなら、守備範囲は重なってもセンターをケアする方が良いです。

センターのボールにはお互い積極的に手を出しに行く姿勢を持ちましょう。

さて最後にこのようなポジションを取った時の考え方について触れておきます。

下の図を見て下さい。

コート守備範囲

ブルーの相手後衛がボールを打てる範囲は、黒線の外側の矢印です。

こちらのペアが守るのは内側の矢印でOKです。

赤の斜線のエリアに相手の打ったボールが入った場合はエースになりますが、その場合は相手のショットが良かったと思って、相手に拍手してあげましょう。

心配しなくても図で見て分かるように、赤斜線のエリアなんてすごく狭いです。

1試合のうちでそう何本も入る訳はありません。

入ればスーパーショット、くらいに思うようにして、最初からそのエリアは捨ててしまいましょう。

最初に書いたように、2人で全てのコートを守れる訳ではありません。

それならば、飛んで来る可能性の高いコースを完璧に抑えておいて、相手には際どいコースを狙わせる。

際どいコースを狙ってくれば、それが入ることもあれば、ミスになる場合もあります。

サイドを大きく空けても結局プラマイ0ということです。

それならば、センターを重視して積極的に触りに(ボレーに)行った方がよりポイントを取ることができるのではないでしょうか?

いかがでしたでしたか?

あなたがダブルスで壁にぶち当たっていると感じているなら、こうした考えをヒントにしてみると、殻を破ることに繋がるかも知れませんよ?

ダブルスのポジションや配球でお悩みの方にお勧めする動画があります。

テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラムという動画です。

ジュリイの感想はこちら「ダブルス必勝プログラムの中身を公開」から見れます。

フォローする