あなたのダブルスをレベルアップさせるセンターセオリー ~ダブルス家訓シリーズ~

どうも!現役コーチのジュリイです!

あなたがダブルスで前衛に立った時に、どんな気持ちを持っていますか?

ポイントを取るために立っていますか?

自分の守備範囲を守るために立っていますか?

それとも単に前衛の順番が回ってきたから立っている!?

ダブルスで上手くポイントが取れない人の多くは、自分が前衛か後衛かに関わらず、自分の守備範囲だけは守ろうという意識が強いように思います。

そしてそういう意識の強い人ほど自分のサイドを抜かれまいとして、センターを通過するボールに無関心というか、反応ができていないと思います。

ダブルスにはセオリーがあります。

あなたも、もしかしたら聞いたことがあるかも知れません。

そう!

センターセオリーです

分かりやすく言うと、攻める時は相手のセンターを突き、守る時も自陣のセンターを守ることが基本ということです。

しかし多くのダブルス苦手プレーヤーは自分のサイドへの意識が強いか、あるいは自分の届く範囲のボールにしか反応できていない人です。

気持ちは分かります。

自分のサイドを抜かれてしまったら、その責任は明らかに自分にありますもんね。

そうなるとペアに対して申し訳ない気持ちになります。

ペアとして認めてもらえないのではないか?なんて思ってしまうのも無理はありません。

が、しかしそれではダブルスとして機能しているペアとは言えません。

理由は、ダブルスで最も大事なコースを見逃しているからです。

そう、一番ボールが行き交うセンターのボールに意識がいってませんね。

サイドを警戒するあまり、センターのボールをペアに押し付けていると言い換えることもできます。

本当にダブルスとしてのプレイをしたいのならもっとセンターへの意識を持たなければいけません。

サイドを抜かれると、確かにショックは大きいでしょうが1試合に2ポイントもあるかどうか、といったところではないですか?

それよりもはるかに多くのボールがセンターを通過しています。

そしてセンターを通過する多くのボールのうち、サイドを抜かれたポイント以上にセンターのボールに触りに行けば良いのです。

センターへの意識を強く持てば、今まで触れなかったボールが触れるようになります。

サイドは抜かれても良いものだ、と割り切れば、必ずセンターでポイントが取れるようになります。

しかもあなたが知らない副産物も生まれます。

あなたがセンターを意識した前衛になると、相手はそれを警戒し、より厳しいコースを狙おうとします。

その結果、相手のサイドアウトや、力みによるミスが出てきます。

これが副産物です。

センターにプレッシャーをかけることにより、相手が勝手にミスをしてくれるようになるのです。

今まで必要以上に気にかけていた自分のサイドから、センターに意識を向けるだけであなたのダブルスは劇的に進化する可能性があります。

あなたには、ぜひセンターに強い前衛になって欲しいと思います。

※ダブルスのポジションや配球でお悩みの方にお勧めする動画があります。

テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラムという動画です。

ジュリイの感想は「ダブルス必勝プログラムの中身を公開」から見れます。

※僕が日々レッスンをしていて強く思う事について書きましたが、似たことを思っているコーチはいるものです。

「女子連テニス上達のカギ」というブログの田上コーチがこんな記事を書かれています。僕がレッスン中に思う事を代弁してくれているような記事なので、非常に共感しつつ読ませて頂きました。

「女子連テニス上達のカギ」もっとサイド抜かれていい

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする