テニス股抜きショットについてみんなが忘れている一つのこと

どうも!現役コーチのジュリイです!

あなたはトリックショットを知っていますか?

プロ選手が試合で股抜きショットを披露しているのを見たことがあると思います。

あれは果たして狙ってるのか?

そして股抜きショットに意味があるのか?

単なるパフォーマンスなのか?

そんなふうにあなたも思ったことがあるのではないですか?

最近は股抜きショットが随分メジャーになってきて、1試合に1回くらい見られるようになってきました。

以前はそうそうお目にかかるようなショットではなかったので、股抜きショットを繰り出せば、相手は面食らってミスをしてくれることも多かったですが、最近のプロ選手はロブの後の股抜きショットまでも警戒するようになっていますね。

あのような股抜きショットはプロ選手のようなセンスがあれば簡単にできるものでしょうか?

いいえ、そうではありません。

たとえプロ選手であっても股抜きショットに代表されるようなアクロバティックなショットも地道な練習を重ねているのです。

コーチにボール出しをしてもらい、何球も何十球も練習を繰り返してできるようになります。

もちろんプロ選手であれば、最初から股抜きショット自体はすぐにマスターすることでしょう。

しかしそれを試合中に使うレベルにまで引き上げるには練習が必要です。

1試合で1回使うかどうかのショットのために彼らは練習を繰り返します。

そして繰り返し練習を重ねているからこそ試合で成功させることができます。

股抜きショットは単なるトリッキーなショットではありません。

相手に完全に背中を向けているために、相手から見ると股抜きショットが来ることが予測できたとしても、コースを読むことが難しいです。

右か?左か?それともロブなのか?スピードは?

そういった情報が読みにくいため、面食らってミスをしたり抜かれたりすることが起こります。

そしてそれを試合で狙って成功させるのがプロ選手たちです。

派手なショットの裏には地道な練習があるということですね。

あなたも股抜きショットを練習してみませんか?

意外と簡単ですよ?

ポイントは内転とタイミング。

あとは反復練習ですね。

希望があればコツなどを記事にしたいと思います。

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする