緊張から解放され、テニスの試合で「ゾーン」に入るには?

どうも!現役コーチのジュリイです

突然ですが、試合前や試合中に緊張感を感じたことはありますか?

 試合では誰もが緊張する

「試合になると緊張するんです・・・。」

「緊張するといつも通りのプレイができなくなってしまいます。」

こんなふうに思ったことが一度はあるのではないですか?

安心して下さい。

何を隠そう僕もあなたと同じです!

試合では緊張するし、固くなるし、足が震えそうになります。

多かれ少なかれ、みんな似たような経験をしているのではないでしょうか?

試合に勝ちたいと思う気持ちが強ければ、誰でも緊張します。

逆に試合の勝敗にこだわらなければ、緊張から解放されます

勝敗がないのであれば練習と同じですから、そりゃあ緊張感は少なくなるってもんです。

勝敗にこだわらなければ、緊張感から解放されます

大事なことなので2回言いました。

実はこれには2つの意味があり、これをどう捉えて、どのように自分が行動するかで結果が大きく変わってきます。

あなたはどちらを選択しますか?

一つ目の選択は・・・

緊張から解放されたいがために、イン、アウトや勝敗にこだわらず、ただ自分のやりたいようにプレイすること。

気持ち良くプレイできるかも知れませんが、自分のやりたいようにやるだけでは試合には勝てませんよね?

勝負はそんなに甘くはありませんので、当然ながら、試合の結果には期待できません。

二つ目の選択は・・・

試合の結果はいったん脇に置いておき、プレイの中身に集中します。

積み重ねた練習以上のものは試合には出せません。

なので今の自分にできることを冷静に分析し、練習してきたことをプレイの内容に反映させることだけに集中します。

それは自分のスウィングというような狭い視野のことではなく、相手の特徴やコートサーフェス、天候や気温も含めた自分の対応力も含めてのものです。

自分のプレイに集中するよう自分をコントロールできれば、軽い緊張感の中で集中でき、しかも思い通りのプレイができるという、いわゆる「ゾーン」と言われる状態に近づくことができます。

スポーツ選手にとって理想的な「ゾーン」と言われるような状態になることができれば、結果として勝利に近づくことができるでしょう。

一つ目の選択は、分かりやすく言うと、

「負けてもいいからバシバシ打っちゃって、カッコ良くテニスしよう」

二つ目の選択は、

「勝敗はさておき、自分の今の実力を出し切ろう!」

さらに別の言い方をすれば、緊張感から逃げるか、緊張感は持ったまま自分をコントロールするかの違いと言えます。

あなたはどちらを選択しますか?

どちらのプレーヤーになりたいですか?

おまけ

テニスの試合に出ると、テニスの奥深さを味わいます。

技術、体力、精神力の全てを試されます。

テニスの実力をUPしたいなら、試合に勝ちたいなら、技術だけでなく、精神力(メンタル)のスキルをUPさせることも大事です。
こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする