ボレーのコツはラケットセットの仕方にあり!覚えておくべき2つのこと

どうも!現役コーチのジュリイです!

ボレー地位向上委員会のメンバーのジュリイですが、あなたにもボレーをもっと好きになってもらいたいと思います。

特に初心者の方や、ボレーが苦手なあなたに向けて、ボレーのコツを覚えて欲いと思います。

ボレーをする時に覚えておくべき2つのこと

ネットに立つということは、相手との距離が近いということ。

それと、相手コートは目の前だということ。

この2つをしっかりと理解しましょう。

するとラケットを振る必要がないということに気づきます。

ラケットにボールを当てるだけでも相手コートにボールは返るはずですね。

なので、絶対にラケットを大きく引かないようにしましょう。

そのために気をつけることをいくつか挙げてみます。

<構えについて>

ネットに出た場合は特にコンパクトな構えを意識しましょう。

具体的には、肘が身体の前に来るようにラケットを構え、肩の力を抜きましょう。

肘が脇の下に入るように構える人がいますが、これはNGです。

そして肩に力が入っていると、ラケットの引きすぎや反応の遅れにつながります。

<ラケットのセットについて>

ボレーのテイクバックは、身体を少しターンさせ、ボールの延長ラインにラケットを若干上向きにしてセットするだけです。

ストロークのように、肘からラケットを引くのはNGです。

ラケットをやや上向きにすることがポイントなので、ラケットヘッドを少し傾ける程度でOKです。

腕は必ず身体の前にあるように。

肩より後ろのラインにグリップが来るようでは、完全に引きすぎです。

ここまでできればボレーはできたも同然です。

ボレーを成功させるには、準備が大事です。

正確に素早くラケットをセットできれば、後はラケットの向きを保ったままで踏み込めばOK!

ボールをヒットした後も、できるだけ長くラケットの形を保ちましょう。

インパクトの瞬間に、これでもかとラケットを握りしめる人は多いですが、力の入る打点(身体の前)でボールを捕えられていれば、そこまできつく握る必要はありません。

むしろ、ボールに押されることを考慮に入れつつ、体重移動でボールを運ぶようにする方が柔らかいタッチになるのでお勧めです。

最後に鈴木貴男プロによる、ボレーのスロー動画を観て下さい。

ラケットをセットした時とインパクトの瞬間に、腕が身体の前にあることに注目して欲しいと思います。

いかがでしたか?

ボレーはいかにラケットを素早く正確にセットするかが大事です。

上手くいかない方はラケットを引きすぎていて、打つ前にラケットが全く違う方向に向いてしまうケースが多いです。

打つ時(インパクトの瞬間)だけラケットを打ちたい方向に向けようとしても、それは無理な話です。

ラケットのセットは早く、正確に、身体の前に、です。

まずはラケットを引きすぎていないか?

ラケットをセットしてボールを見た時に、視界の端っこにラケットが見えるかどうかをチェックしてみて下さい。

見えていればOK

全く見えない場合は修正しましょう。

最初は違和感を感じるかもしれませんが、次第に慣れてきます。

ぜひ僕と一緒に、ボレー地位向上委員会のメンバーになりましょう!(笑)

※テニス経験の浅い方へ向けた、「失敗しようがないテニス上達法動画」というDVDを買ってみました。
DVDを観たジュリイの感想と評価はこちら⇒テニス初心者、初級者にぴったりのテニス上達法DVDがありました!

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする