テニスの試合でライバルに差をつけるリターンゲームの考え方と戦術とは?

どうも!現役コーチのジュリイです!

前回の記事の内容は、ダブルスのサービスゲームの戦い方について書きましたが、(サービスキープのためのたった2つの考え方とは?

今回は男子ダブルスでのリターンゲームをどう戦うか、について書いてみようと思います。

そもそも男子ダブルスで、サービスゲームはキープすることが基本であり、サーブを持っている方が圧倒的に有利です。

だからキープされて当たり前。

ブレイクできればラッキー!くらい気楽に考えてプレイする方が精神的に落ち着けると思います。

1試合の中で1度だけ相手のサービスゲームをブレイクして、自分たちのサービスゲームを全てキープすれば、試合には勝てます。

だから慌てる必要はありません。

何度かあるチャンスのうち、1度だけをモノにすればOK!と思って下さい。

リターンゲームは焦らず気楽に。

ゲームを取られて落ち込む人をよく見かけますが、序盤のリターンゲームなら全く気にする必要はありません。

ここまではリターンゲームでの気持ちの持ち方について書いてきましたが、どこかで相手のサービスゲームをブレイクしないと勝てないのも事実です。

どこかでブレイクするためには、どこかで仕掛けないといけませんよね?

それはどこなのか?

答えは後半に書くことにして、ここではリターンゲームの具体的な戦い方をいくつか書いてみます。

リターンゲームの具体的戦術

❶ペアのうち、サーブの弱い方を狙う

試合前のサーブ練習を見て、ペアのうちサーブが弱いと思われる方のサービスゲームを狙っていく方法です。

どちらのサーブが弱いか分からなければ、後にサーブを打つ方をターゲットにすると良いです。

ほとんどのダブルスペアは、良いサーバーから先にサーブを打つものです。

後にサーブをするということは、サーブが弱いか、サーブに自信がない可能性が高いです。

❷クロスばかりでなく、ストレートにもリターンする

試合の早い段階でストレートを狙うことにより、相手のボレーヤーにストレートを警戒させ、その後のゲームでのボレーヤーの動きを制限することが狙いです。

ストレートの厳しいコースを狙う必要はありません。

アウトになっても、ボレーをされても構いません。

ポイントが取れたらラッキー!くらいに考えましょう。

❸ロブリターンをしてみる

相手のボレーヤーが、ロブに対してどういう反応をするか、試しましょう。

実際に打たなくても、相手のポジションで分かる場合もあります。

  • ネットにべったり=ロブに対して警戒が薄い=ボレー(ポーチ)に強い
  • ネットから離れている=ロブに対して警戒が強い=ボレー(ポーチ)する気なし

実際に打ってみて上が強いのか、そうでないのか、試合の序盤に相手の実力をチェックしましょう。

ここでも同様に、スマッシュでポイントを取られても気にすることはありません。

成功すれば相手の陣形を崩せるので、ポイントを取れればラッキーです。

❹リターンダッシュをしてみる

リターンのポジションはコートの中に入っても良いので、速いタイミングでボレーのようにリターンし、そのままネットに出ます。

相手がリターンダッシュに対してどのように対応してくるのか、早い段階で確認できれば後の作戦も立てやすくなります。

これもポイントをもらえればラッキー!の考えで。

❺セカンドサーブは山を張ってフォアで強打!

これは❶~❹に挙げたような様子見ではなく、ポイントを狙っていきます。

セカンドサーブはスピード、コースともに甘くなりやすいです。

球種も絞ることができるはずなので、思い切ってフォアに回り込んで強打でポイントを取りにいきましょう。

もちろん相手からの返球が甘くなることを見越して、ボレーヤーは準備をしておきましょう。

試合の後半になると相手のサーブの軌道にも慣れてくるはずです。

成功率は後半ほど上がるでしょう。

クロスへのリターンは基本ですが、クロスばかりだと単調になり、相手にも読まれてポーチに出られてしまいます。

それよりも試合を前半と後半に分けて考え、自分たちが試合の後半になるほど有利になるように戦うべきです。

❶~❺のように、リターンゲームで色々なことを仕掛けていくと、相手のプレイの傾向や相手のクセが見えてきます。

試合の後半は、見えてきた相手の弱点を突いていくことによって、ブレイクの確率がグッと高まるはずです。

最後に、どこで仕掛けていくか?の答えですが、

❶~❺のようなことを試合の中で取り入れていくと、有利なカウントになることがあります。

0-30とか、15-40とかのカウントですね。

ここが勝負どころです。

こうなったら全力でそのゲームを取りにいきましょう。

❺のような思い切ったプレイでもいいし、自分が一番自信の持てるプレイでも良いです。

とにかく、上のようなカウントからの、次の1ポイントはめちゃくちゃ大事です。

ここでポイントを取れれば、そのゲームはブレイク目前です。

ブレイク目前=勝利が目前!

だと思って、その試合一番の集中力で挑みましょう!

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする