テニスのサービスキープのためのたった2つの考え方とは?

どうも!現役コーチのジュリイです!

ダブルスに限りませんが、テニスの試合には自分たちのサービスゲームと相手のサービスゲームがあります。

あなたは自分たちのサービスゲームと相手のサービスゲームで、戦い方や気持ちの持ち方を切り替えていますか?

男子ダブルスでは特に、サービスゲームをいかにキープできるかが重要です。

今回は男子ダブルスのサービスゲームでの戦い方のヒントをお伝えします。

サービスゲームは有利である

雁行陣、並行陣に関係なく、サービスゲームは有利だと言えます。

男性のサーブはスピードがあり、強いスピンがかかっているので、思い通りのリターンをするのは簡単ではありません。

増してや相手コートの半面にはボレーヤーが立っています。

そちらに返してしまうと、サーバーのパートナーにボレーをされてしまい、そうなればかなりの確率でポイントを取られてしまいます。

レシーバーはかなり不利な条件で相手のサービスゲームに挑むことになります。

上級者の試合ほど、お互いサービスキープが続き、1回のブレークで勝負が決まります。

サービスゲームはサーバーが有利!

このことをしっかりと理解しましょう。

サービスキープを100%できれば理論上は負けないということになります。

ということは、ダブルスで勝てないというあなたはサービスキープができていないということになります。

ではなぜサービスキープができないのか?

ヒントは先ほど挙げた、サービスゲームの有利な点にあります。

より分かりやすく整理してみましょう。

自分にあてはまるものにチェックをしてみて下さい。

サービスゲームをチェック!

〇1ゲームの中でダブルフォルトを1回以上してしまう

〇ファーストサーブが入らない

〇セカンドサーブは入れるだけ

〇サーブでコースを狙えない

〇ボレーヤーはサイドを抜かれなければ良いと思っている

〇ポーチに出ることはめったにない

〇ボレーヤーはほとんど動かない

いかがでしたか?

これらはサービスゲームの最低ラインの項目なので、チェックのついた項目があれば、まずはそこを改善しましょう。

このチェック表は主に2つのパートに分かれていますね。

サーブに関することと、ボレーヤーに関することです。

サーバーの仕事とは?

それではサーバーについて解説します。

サーバーの仕事は、相手に満足なリターンをさせないことだと考えましょう。

レシーバーが嫌がることとは何でしょうか?

逆にレシーバーが助かることとは何だと思いますか?

こういうふうに考えれば自ずと答えが見つかると思います。

相手レシーバーが一番助かることと言えば・・・?

そう!ダブルフォルトです!

そして1stサーブが入らないサーバーも助かります。

だって、スピードの遅い2ndサーブを常に打てるわけですから、レシーバーは楽ですよね?

そしてその2ndサーブが入れるだけのサーブなら全く恐くありません。

速いサーブが来ないことが分かっていて、しかもそのコースが甘いことが分かっていれば、こんなに打ちやすいボールはありません。

逆にレシーバーにとってやりにくいサーバーとは?

スピードは抑え目でも、1stサーブが7割以上入り、きっちりコースを狙ってくる。

セカンドサーブでもしっかりとスピンがかかっていて、相手のバック側へとコントロールされている。

こんなサーバーはキープ率も高いはずです。

ボレーヤーの仕事とは?

さて、次はボレーヤー編です。

同じように自分がレシーバーになった気持ちで考えてみましょう。

あなたがレシーバーなら、相手のボレーヤーに何をされたら嫌ですか?

どんなボレーヤーがうっとおしいですか?

それはこんなボレーヤーではないですか?

  • ウロチョロしてとにかくよく動く、又は動きそう
  • センターに打つとボレーされそう
  • ポーチに出て来る
  • 打つコースが狭く見える

一言でまとめると、「存在感のあるボレーヤー」とでも言いましょうか。

こんなボレーヤーは、常に相手のレシーバーにプレッシャーをかけて、その結果として相手のミスを誘います。

実際にボレーを打ってポイントを取ることもありますが、こうして相手にプレッシャーをかけることによりレシーバーに厳しいコースを狙わせます。

その結果、実際にボールに触ってポイントを取る以上のミスを相手から引き出します。

これが本当に良いボレーヤーだと僕は思っています。

ダブルスは2人の連携があってポイントを取るものです。

サービスゲームを高確率でキープしたいなら、サーバーもボレーヤーもそれぞれが自分の役割をきっちりとこなすことです。

ポイントは、相手の嫌がることをすること

相手に楽にポイントを与えないこと

このような考え方を持つと、自然にポイントが転がり込んできます。

しかし、全てのポイントを完璧にコントロールする必要はありません。

サービスゲームは元々キープしやすいものです。

主導権は自分たちにあります。

相手レシーバーに自由にやらせなければ良いだけだと考えてみましょう。

そうすれば、あなたのサービスキープ率は今よりもきっとアップするはずです。

【朗報!】

ダブルスで勝ちたいあなたのためのDVDがあります。

試合に強くなるテニス「簡単に勝てるダブルス」 です。

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ▼

ダブルスで勝ちたい、優勝したいあなたが最低限知っておくべきこと

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    てにままさん、こんばんは~♪
    女ダブだとサービスゲームが有利だとは言い切れないですよね(;´∀`)
    ブレイク合戦は野球で言うと乱打戦みたいなもの。
    取られても取り返せばいいさ!みたいな展開だったのでしょうか?
    女ダブのサービスゲームのあり方についても今度書いてみたいと思います。

  2. てにまま より:

    女ダブだと、ブレークブレークが続くことが結構な割合であります(笑)
    私も4-4までブレーク合戦で
    相手(中学生)が9ゲーム目にキープして4-6で負けたことがありました。

    ジュニアはダブルスの経験が少なくてブレークできたのですけれど
    それにしても一度もキープできなかったのは
    正に不甲斐ない^_^;