バックハンドスライスは感覚を真似てお皿をなぞるべし!

どうも!現役コーチのジュリイです!

あなたはバックハンドスライスが打てますか?

もしまだ上手く打てないようなら、少しだけお付き合い下さい。

上手く打てるヒントが見つかるかもしれませんよ?

バックハンドスライスは切っているのか?

バックハンドスライスって、上手な人やプロ選手が打っているのを見ると、ボールを斬り降ろしているように見えますよね?

フェデラーはバックハンドスライスだけでも数種類のボールを打ち分けますが、特に時間を作るために回転量を多くしたスライスなんかは思いっきり切っているように見えます。

でもあなたがコーチなどにバックハンドスライスのアドバイスを受けた時には、きっとボールを切るようなスウィングはいけません、と言われているはずです。

コーチによって表現は違いますが、

「ラケットにボールを乗せて」とか、

「フラットに当てて運ぶように」とか言われていると思います。

僕が言いたいことは、他人から見ているフォームと、自分が感じている感覚は違うということ。

こちらから見ると鈴木プロのスライスは切っているように見えますが、本人曰く、

「僕は切っていない」とテニス雑誌で言い切っています。

そしてその時、鈴木選手は、「フェデラーは明らかにボールを切っている」と言っていました。

でも、もしかするとこのことをフェデラーに聞いてみたら、やっぱり

「僕は切っていないよ?」と言うかも知れませんね(笑)

ここでハッキリしていることは、プロの目から見ても、外からの目と本人の感覚にはズレがあるということ。

あなたがバックハンドスライスが上手くいかないのは、見た目をマネしようとしているからかも知れません。

見た目をマネするより、感覚をマネする方が結果が出るのではないでしょうか?

とはいえ、感覚というのは本人だけのもの。

それをマネするなんていうのは、それこそ本人に乗り移らなければ無理というものですね(苦笑)

でもアドバイスをくれる人がいるなら、その人の表現を注意深く聞いて、見た目より感覚を重視するのが近道だと思うので参考にしてみて下さい。

バックハンドスライスが上手くいかない方に多いのが、打点を前に取りすぎているケースです。

症状としては、ボールが上に浮いてしまうことが共通しています。

底の浅いお皿をイメージしてみましょう。

お皿

バックハンドスライスは、ちょうどお皿の内側をなぞるようにラケットが動きます。

ボールが浮いてしまうということは、単純にラケットが上に向いた時にボールを捉えているということ。

お皿で言えば、底をなぞっている時にボールを打っている状態です。

これではボールは上に飛んじゃいますよね?

打点を身体に引きつけて打つようにすれば、お皿の縁(ふち)でボールが当たります。

お皿の縁であれば、ラケットの上向き度合いは少なく、若干上向きではありますが相手コートの方へと向いています。

スウィングが始まってすぐのポイントです。

スウィングが始まってすぐに打点があり、(お皿の縁)その後お皿の底をなぞり、反対側の縁へとフォロースルーが続いていくようなイメージです。

分かりますかね?

文字で伝えるのって難しい・・・(;^ω^)

とにかくバックハンドスライスは、スウィングのほとんどがフォロースルーと言っても良いです。

スウィングを分かりやすく分けると、

❶フォワードスウィング

❷インパクト

❸フォロースルー

となりますが、

バックハンドスライスは❶が短く、❸が非常に長いと思って下さい。

ボールに勢いをつけて飛ばすイメージを持たず、ラケットの面を作ってボールに当て、長いフォロースルーでボールを運んでいきます。

最後になりましたが、基本でありつつ、重要なポイントを書いておきます。

◆グリップはコンチネンタルグリップで

◆スタンスはクローズドスタンスで

この2つは守りましょう。

補足として、スウィングが手打ちになってしまう方は、ラケットの振り出しの時に、腕からラケットを引っ張っていることが多いです。

ラケットの振り出しは、身体のひねり戻しを使いましょう。

バックハンドスライスに限らず、ストロークのスウィングの始動は常に身体のひねり戻しから始めます。

そうすれば手打ちが解消されるので試してみて下さいね。

スライス系のあらゆるショットに関する「門外不出の(秘)ワザ」を丁寧に解説してくれている本はコチラ

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする