俺のテニス人生を狂わせたボレー

どうも!現役コーチのジュリイです!

テニスのショットの中で、あなたの好きなショットは何ですか?

僕はボレーが好きです。

ボレーって楽しくないですか?

僕は少数派かも知れませんね。

でもネットに立つと妙にワクワクするんです。

俺は攻めてるぜ!

て気になるんですよね。

テニスのプレイスタイルはその人の性格が表れると思います。

ジュリイは守りは苦手、というかキライです。

攻めた結果のミスなら仕方ないと割り切れるのですが、守りのテニスを展開した結果のミスは本当に落ち込むのです。

その点ネットに立つということ、その時点で相手にプレッシャーをかけているし、ボレーやスマッシュなどでポイントを取ろうものなら喜びも2倍になります。

ボレーを好きになって欲しい!

ダブルスは並行陣でプレイするのが好きで、相手のサービスゲームでもリターンダッシュをすることが多いです。

シングルスでも高校生の頃からサービス&ボレーをしていました。

意外と戦えるもんですよ?

でもシングルスは守る範囲が広いので、抜かれることもよくあります。

よくあるのですが、相手にキレイに抜かれてもあまり悔しくないのです。

いや、少しは悔しい気持ちはあるのですが、それよりも相手のパスを褒めたい気持ちになるというか、心の中で、

「うわ!すげえパス」とか、

「あれは取れんわ」

とか言っている自分がいます。

試合中でも、つい相手に拍手してしまうこともあります。

なので、自分がネットに立った時点で、納得のいかない結末にはならないということになります。

これがベースラインなら全然気持ちが違います。

シコラーという人種は、相手が根負けしてミスをするまでひたすら相手コートにボールを返し続けます。

そして相手のミスに至福の悦びを感じるのだそうです。

それを否定するつもりはありませんが、ジュリイにはその気持ちが理解できません。

多少なりとも自分が相手を追い込むようなボールを送って、その結果相手のミスを誘えたのなら嬉しいですが、勝手に相手がミスをしてもたいして嬉しくありません。

できることならエースを奪いたい。

しかしベースラインから一発でエースを奪えるほどのストローク力は持っていない。

それならばネットに出た方が手っ取り早いんじゃないか?

ネットに出れば、自分の力でポイントを取った感を得られるはず!

ネットに出れば、ボレーやスマッシュでエースを奪えるし、相手がミスをしたとしても、自分がプレッシャーをかけたからなんだ、と思えます。

サーブ&ボレーを仕掛けてネットにつく。

自分の打ったサーブのコース、スピードと相手のリターン力からどんなボールが返って来るかを予測しつつスプリットステップを踏む。

相手がボールを打った!

右だ!届く!

目いっぱい身体と腕を伸ばしてボールに飛びつく。

やっと届いて返球したボールは相手のオープンコートへ落ち、ポイントを獲得!

楽しくないですか?

バック側に来た浅いボールをバックハンドスライスでアプローチし、ネットへ詰める。

よし!低い弾道の良いアプローチ!

ボールを追いかけるようにネットに近づき、相手のパスに備える。

滞空時間の長いスライスのおかげで、ベストなポジションを取れた。

さあ、来い!

次の瞬間・・・!!

相手のパスは一瞬で自分の横を抜け、ラインの内側へ。

ムリ!

・・・楽しくないですか?

このように、一瞬に全てをかけたネットプレーヤーにジュリイは魅力を感じるのです。

自分を見つめ直してみると、あなたの中にもマニアックな部分があるはずです。

勝ち負けを越えたところにある自分の欲望に素直になれば、もっとテニスが楽しくなるかも知れませんよ!?

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    あつさん、こんばんは~( ^^) _旦~~
    あつさん、ソフトテニス時代は前衛だったんですね。
    >>軟式のゲーム戦術でわざとサイドを開けといて相手にストレートを打たせるようにして来たら打つ。なんてのが決まった日には大喜び状態でした。
    こういう、自分でやったった感がいいんですよね(笑)
    ウィンブルドンのフェデラーはカッコ良かったですね!
    何度抜かれてもネットへ出ていく姿勢に僕もしびれましたYO!

  2. あつ より:

    こんばんは。(^^)/
    私もボレー大好きです。もともと軟式では前衛で(今の軟式は両方やるんでしたっけ?私の時代はポジションが決まっておりました。)よく「後衛は地道にこつこつやるタイプ。前衛は目立ちたがり屋で気が短い!」などと言われておりました。
     軟式のゲーム戦術でわざとサイドを開けといて相手にストレートを打たせるようにして来たら打つ。なんてのが決まった日には大喜び状態でした。
     
     なのでジュリィコーチのボレーが決まった喜びはすっごくよくわかります。
     そしてフェデラーのプレースタイル。今年に入ってまた原点に戻ると魅せてくれましたウィンブルドンでのゲーム目がハートです。