ネットプレイ…悪くないですね…フフ…

どうも!現役コーチのジュリイです!

今回はシングルスのネットプレイについてのお話です。

あなたはネットプレイが得意ですか?

と聞かれて、

「得意です!」と、

自信満々に答えられるあなたは、ここから先の記事は飛ばして、サイトマップから別の記事を楽しんで下さい(笑)

得意とは言い切れない・・・

ボレーに自信がないからネットに出たくない・・・

むしろ苦手・・・

そんなあなたは少しの間お付き合いください。

あなたのネットプレイに、ほんの少し自信が持てるお話をしたいと思います。

まずネットプレイの何が難しいのか?

冷静に考えてみましょう。

ネットプレイの苦手な3つの理由

❶ボレーが思うようにコントロールできない

どんなボレーが難しいのでしょうか?

ネットから低いボールのボレーは難しいと言われます。

ローボレーやハーフボレーのことです。

ネットより低いボールは攻撃的なボールが打てず、ネットにもかかりやすいので、確かに難しいと思います。

ではローボレーを打つ機会を少なくすれば良いのではないでしょうか?

答えは簡単です。

ネットに詰めれば良いのです。

ネットに近づけば近づくほどローボレーを打つ機会は少なくなりますね。

❷抜かれるのが恐い

これは相手のパッシングショットのことですね。

相手に良いパッシングショットを打たれるのは、ほとんどの場合、アプローチショットが甘いからです。

しかしこれはネットプレイの前段階の問題なので、ストローク力を磨いて解決すべきです。

あなたの苦手だと思っているネットプレイではないので、ここでは取り上げないことにします。

あえて一つだけ書くとするなら、相手がパッシングショットを打ちにくいボールとはどんなボールか?

自分に置き換えて想像してみることです。

自分ならこんなボールが嫌だな、こんなコースに来たらどっちにも打てないな。

そんなボールを打つことが有効です。

❸ネットのポジションが分からない

これは簡単です。

ストレート側を空けないようにしながら、できるだけネットに近づくことです。

ネットに近づけば、その分守備範囲は狭くて済みます。

ここではまだボレーの上手い下手は関係ありません。立っているだけですから。

ベストポジションを覚えて、そこに立ってればOKです。

それではまとめに入ります。

❶、❸で書いたように、ネットに出ると決めたら、できるだけネットに近いポジションを取り、ストレートを狭めましょう。

その際には❷で書いたように、相手に簡単にパッシングショットを打たれないようなボールを送りましょう。

ここまでできれば、あなたにポイントが入って来る確率は50%以上はあるでしょう。(※注、あなたがあなたを相手していることが条件です)

50%以上でポイントを取れるなら、アリなんじゃないでしょうか?

え~~~?(-“-)

そりゃねえよ!

ジュリイさん、あんた言い過ぎだよ!

なんて声が聞こえてきそうですが、それなりの理由があります。

その理由とは・・・

ネットプレイというのは、ネットでボレーをしてポイントを取るものではない

というのが理由です。

あなたがストロークの打ち合いの中で、相手に浅いボールを送ったとしましょう。

そのボールを相手がアプローチショットを放ち、ネットに詰めてきました。

そのアプローチショットはそこそこスピードがあり、低くバウンドするスライスです。

コースはあなたのバック側に入り、トップスピンロブを打てるような高さではありません。

そうなればあなたは相手の左右のどちらかを目がけてパッシングショットを打つでしょう。

そのパッシングショットがキレイに抜けてポイントを取れる確率はどれくらいあるでしょうか?

安定して50%以上ありますか?

僕が自分を相手にして、その状況でパスを打ってもきっと50%以上の確率でパスを抜いてポイントを取ることはできないと思います。

ネットミス、サイドアウト、バックアウト、相手の届く範囲へのコントロールミスなどなど、冷静に考えるとポイントを取れる確率の方が低いと思うのです。

言い換えると、ネットプレイが得意なプレーヤーは、ネットに出る前に勝負をつけている、とも言えます。

これはサーブ&ボレーにも同じことが言えます。

強力なサーブで相手を崩し、自分は簡単なボレーしかしないような状況を作るのがサーブ&ボレーヤーです。

レシーバーにとっては、相手コートへ返すのもやっとの1stサーブなのに、相手がネットに出てくるのです。

ただ当てるだけでは簡単にボレーでポイントを取られてしまいます。

そこで相手のサイドを抜こうとしても、相手のサーブが良いためミスが増えるばかりです。

こうしてサーブ&ボレーヤーは、レシーバーに難しいプレイを強いて、自分は難しいプレイをすることなくポイントを重ねていきます。

 戦う前に勝負はあらかた決まっている

という訳ですね。

あなたがナダルやジョコビッチのようなパッシングショットを打てるなら話は別です。

しかし今やストローク全盛の時代で、周りにネットプレーヤーはほとんどいません。

従ってパッシングショットを打つ機会もあまりありません。

ダブルスでネットに出るプレーヤーは多いですが、対ダブルス並行陣では相手の足元に沈めることがメインです。

相手のサイドを抜く練習はあまりしていないのではないでしょうか?

同じネットプレイを相手にするにも、足元に沈めるのとサイドを狙うのは全く別の感覚が必要です。

もちろんシングルスでも足元に沈めて来る冷静なプレーヤーはいますが、それにはドロップボレーが有効です。

いかがですか?

ネットプレイとは言っても、ボレーを何球も打つ必要はありません。

テクニカルなボレーを打つような状況を作らなければ良いのです。

そして相手の状況を、自分に置き換えて考えてみれば、そうそうパスを抜かれることもないのです。

とは言えポイントを取られることもありますが、そんな時は確率を考えてみましょう。

ネットには出ず、延々と長いストローク戦を展開してポイントを取れる確率と、チャンスの時だけでもしっかりとアプローチショットを打ってネットに出たポイントの確率を天秤にかけて、どちらが良さそうだったか?

確率の低いはずの相手のパスでのポイントにとらわれず、どちらがポイントできる確率が高かったかの判断が大事です。

どうでしょう?

少しはネットに出てみようという気持ちになりましたか?

ネットプレイを覚えれば、あなたのプレイの幅がグッと広がるはずです。

まずはリードしているポイントからトライしてみましょう!

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする