テニスの試合前のサービス練習は手を抜くべし!

どんな試合でも、試合前の練習があります。

ストロークやボレーをさせてもらえることもあれば、サーブだけのこともあります。

最低限、サーブだけは練習できると思いますが、そのサーブ練習は、全力で打たないようにしましょう。

そう!

手を抜くのです。

全力でコーナーを狙ってはいけません。

キレのあるスライスサーブも打たないでおきましょう。

よく跳ねるスピンサーブも打たないで下さい。

それらは試合中の、ここぞ!という時のために取っておきましょう。

試合前の練習から情報戦は始まっています。

試合前にあえて手の内をさらすことはありません。

逆に、相手がどんなサーブを打ってくるのか?

スピードは?

コースは?

回転は?

トスにクセはないか?

よーく相手を見て下さい。

そして、相手のサーブの軌道をイメージして下さい。

そのサーブにタイミングを合わせられるようイメージをして下さい。

試合前から最初の4ゲームまでは、相手に慣れること。特徴を掴むことを最優先に考えるべきだとジュリイは思います。

サーブの練習をしっかりやらないと不安を感じる方もいると思いますが、これは、自分のサーブに自信の無い方にこそ実行してもらいたい方法です。

試合前の数本のサーブで上手くなる訳はない。

それなら、相手が自分のサーブにタイミングを合わせてくるのを、少しでも先延ばしにし、ブレイクの機会を後に持って行く方が有利だとジュリイは思うのです。

ぜひ次の試合には試して欲しいと思います。

試合前のサーブ練習は、手を抜いておいて、試合が始まってから少しづつ引き出しを開けていき、相手が自分のサーブに慣れる前に、1セットを無事キープして乗り切って下さい。
おまけ

僕は身体が小さく、あまり力が強くありません。

なので、自分より背が高く、身体も大きい相手にどうすれば勝つことができるか?

正面からぶつかって勝ち目がなさそうなら、どうやって相手の弱いところを突くか?

そんなことばかり考えてきました。

幸いテニスは、力が強ければ勝つ!というようなスポーツではないので、自分の経験や考えが、あなたの役に立てたなら嬉しいと思っています。

※ダブルスのポジションや配球でお悩みの方にお勧めする動画です。

「テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラム」

動画を観たジュリイの感想は「ダブルス必勝プログラムの中身を公開」から見れます。

こまめに更新しますので、また読んで下さいね。

ありがとうございました。

フォローする