チャンスボールを見極めろ!~練習方法の紹介~

どうも!現役コーチのジュリイです!

久々となりますが、お勧めの練習方法のご紹介です。

これは知っている方も多いと思います。

YES・NOラリーと言います。

やり方自体は簡単で、ボールを打っている時ならいつでもできます。

あなたの気持ちの持ち方ひとつで効果が大きく変わってくる練習方法です。

YES,NOラリーはこんな方に行って欲しい

  • 無駄なミスが多いと感じる
  • ミスが恐くてチャンスを逃してしまう
  • チャンスボールなのかどうか分からない
  • もっとアグレッシブなプレイがしたい
  • もっと安定したプレーがしたい
  • 攻め時と守り時の見極めを身に付けたい

ひとつでも当てはまったあなたは、今回ご紹介する練習方法をぜひ実践して欲しいと思います。

僕が日ごろレッスンをしていて思うのは、チャンスボールと、そうでないボールの判断ができていない方が多いということです。

言うまでもなく、チャンスボールが来たら積極的にポイントを取りに行くか、相手を追い込むようなボールを打つべきです。

逆にチャンスボールでない場合は、確実に相手コートにボールを返すことが大事です。余裕があれば、相手に打ち込まれないようなボールを返球しましょう。

とは言え、圧倒的に多いのが、到底チャンスボールとは思えないようなボールを

「これでもか!」

とばかりに強打し、案の定アウトしてしまうのです・・・(^^;)

判断ミスと言えばそうなのですが、そもそも当の本人のテニスのレベルによって、チャンスかどうかが変わってきますね。

ネット近くにふらふらと上がったボールは、ダッシュ力のあるAさんにとってはチャンスボールだが、そうではないBさんにとってはチャンスではない。

サービスライン付近でいる時に相手からロブが上がり、それをスマッシュで決めることができるAさんと、スマッシュの決定力に自信の無いBさんでは、スマッシュを打つかどうかの選択は変わってきます。

全く同じ状況で同じボールが上がっても、個人差があるのでチャンスかそうでないかの全てを他人が判断することはできません。

担当コーチであるジュリイであっても、完璧には分かりません。

つまるところ本人が判断するしかないのです。

その判断は、今回ご紹介する練習方法を実践することにより、確実にレベルアップします。

しかも簡単で誰でも行えます。

その判断を訓練する方法があれば、あなたは知りたいですか?

この判断ができるようになれば、あなたは今後のテニス人生の上で、つまらないミスから永遠におさらばできるかも知れません。

いやいや、それはもう分かったよジュリイさん!

早く内容を教えてよ!

それではその練習方法を公開しましょう!

と、その前に

この練習は、ただ実践すればレベルアップできるのですが、それだけでは不十分です。

実戦して、検証することによって本当の意味で判断力が付くようになるので、そこだけは理解して欲しいと思います。

さて、少し引っ張りすぎましたが、その方法を説明します。

YES,NOラリーのやり方

あなたがコート上でテニスをしているとします。

それはラリーでも、ボール出し練習でも、試合中でも構いません。

その時に心の中でこうつぶやくのです。

相手からのボールが比較的甘く、チャンスと呼べるようなボールであれば

「YES!」

相手からのボールが厳しく、チャンスとは呼べないようなボールならば

「NO!」

つぶやくタイミングは、相手のボールが自分のコートに落ちる前です。

判断はできるだけ早い方が良いので、もっと早くできるならそうして下さい。

判断が「YES」の場合は、相手を追い込むようなボール、又はポイントを取れるようなボールを打ちます。

判断が「NO」の場合は、ミスが出ないことを最優先に考えたボール、又は相手に攻められないような安全性の高いボールを打ちます。

そうやって相手のボールを毎回判断して、自分にとってのチャンスボールはどのようなボールなのかを掴んでいきましょう。

最初のうちは判断を誤ることも多いと思います。

というより、その判断の誤りに気付くための練習だと思って下さい。

自分が今まで強打してきたボールは、「YES」だと思ってきたが「YES」の割にミスが多いことが分かります。

そこで気づくことが大事です。

このパターンのこのボールは、自分にとっての「YES」ではない!

結果から考えてみると、どうやらこのボールは自分にとっては「NO」なのだ。

こういう風に気づくことが、このYES・NOラリーの真の目的です。

誰にも気づかれず、テニスをする時ならいつでもできる練習方法、その名も

YES・NOラリー

いかがですか?

ここまで読んだあなたは、今度コートに立った時、必ず実践して下さい。

そして、その感想などをコメントしてくれると嬉しいです(^-^)

有名な練習なので知っている方が多かったかも知れませんね。

しかしきっと役に立ったと思ってくれた方もいるはずです。

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする