錦織選手の活躍の背景とマイケル・チャン

どうも!現役コーチのジュリイです!

フレンチオープン2014が近づいてきました。非常に楽しみですね(^-^)

特に今年は錦織選手が日本人初の世界ランキングTOP10に入り、嫌が応にも期待は高まるというものです。

日本人初の、グランドスラム大会優勝も夢ではありません。

実際に、フェデラーから勝利を挙げ、ナダルとは互角以上に打ち合い、その実力はもはや疑いようもありません。

それでは錦織選手が大きくランキングを上げるまでに至った要因とは何なのか?

いくつか挙げてみましょう。

❶サービス力アップにより、サービスエースが増えた

これは実際にデータで出ているのですが、去年より今年の方が、1試合あたりのサービスエースの数が増えています。

錦織選手は以前はサーブが弱点だと言われていましたが、フォームの改善に取り組み、今ではトップ選手と変わらないくらいのサービスエースの数を記録するようになりました。

すでにサーブが弱点では無くなり、死角は無い!というところでしょうか!?

❷世界でも指折りのリターン力

リターン力が高いと相手にとってはプレッシャーです。

セカンドサーブになると、錦織はコート内に入ってライジングで叩き込んできます。

その強烈なリターンで、相手のサービスゲームをブレイクする確率は今や30%~40%に上ります。

対戦相手は、自分のサービスゲームでも、甘いサーブを入れに行くと、錦織のリターンで主導権を奪われ、そのままストロークで振り回されることになり、結果としてブレイクされてしまいます。

今やジョコビッチに並ぶリターンの名手と言っても良いと思います。

❸マイケル・チャンコーチの指導

やはりこれが一番の要因ではないかと思います。

マイケル・チャンは現役時代、グランドスラムで優勝し、世界ランキングも2位まで登りつめた選手です。

やはり世界の頂点を見てきた選手の言葉には重みもあるでしょうし、同じアジア系の小柄な体格で、戦い方にも共通する部分があるでしょう。

マイケル・チャンコーチは、錦織に全力でプレイすることを求めます。

練習内容も、厳しい高校の部活のように、反復練習をへとへとになるまで行い、ラストになってもベストなボールを1球ではなく、何球か続けてコートに入れないと終わらないそうです。

日本人選手は体格的に不利だ、という意見もあるようですが、マイケル・チャンコーチによれば全くそんなことは無い、むしろ俊敏に動き、相手を翻弄することができる。と言っていて、それは現代でも通用すると断言しています。

錦織のここ最近の躍進は、マイケル・チャンコーチの帯同とシンクロするようにランキングが上っています。

トップ10選手に頻繁に勝てるようになったのも、マイケル・チャンコーチの考え方についてのアドバイスが生きているようです。

錦織は小さいころからフェデラーに憧れていました。

そしてフェデラーと初めて対戦することになった時、錦織は憧れていたスター選手と対戦できる喜びに感動を覚えていたようです。

このような気持ちって、多かれ少なかれ理解できますよね?

しかしマイケルは錦織にこう言って、トップ選手になるための自覚を持つように促したそうです。

対戦相手に対して憧れの気持ちを持ったまま試合をすると、必要以上に相手が大きく見えてしまい、良いことは一つもない。

世界のトップになりたいなら、そのような感情は試合に持ち込むべきではない。

それを聞いた錦織は反省と同時に納得し、世界のトップで戦う自覚が生まれたようです。

今まで上げた他にも、錦織の優れた点はたくさんありますが、確実に言えることは、世界のトップ10の実力は十分にあるということ。

プレイスタイルから思うに、調子が良ければ誰が相手でも勝てるくらいの爆発力を持っているので、グランドスラムのタイトルを取ることも夢ではないと思います。

昔で言うと、サフィンやアガシのような、調子が良い時には手がつけられない選手だとジュリイは思います。

唯一心配なのはケガですね。

ケガに悩まされず、100%のプレイができるなら、かなりの可能性があると思いますが、スポーツの世界に「たら、れば」はタブーです。

言っても仕方ないことは言わずに、ジュリイは日本人の1人として素直に応援したいと思います。

おまけ

時間があれば、関連記事も読んで下さい。

また、タイトル下のサイトマップから入ると、お気に入り記事が見つかるかも?

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    あつさん、こんばんわ~(^-^)
    チャンコーチ、噂通りの厳しさのようですね(^^;)
    プロでなくても真夏の猛暑の中で、同じことをずっとやるなんて、正直イヤになるでしょうね。
    フレンチオープンとこれからの活躍に期待したいですね~(#^^#)

  2. あつ より:

    こんばんは。
     今年、全豪オープンで錦織選手の練習も見ることが出来たのですが、本当に同じことをず~っとやって、いや、やらされてました。私たちと同じようなスクールでのコーチからの球出し練習を。
     40度の中、錦織選手はバテ気味で「もう嫌だ・・」オーラを出している感じでしたが、チャンコーチはそんなの気にせずずっとやらせてました。これが今の錦織選手の成績につながっているのですね。私も心から応援しております。