ダブルスはリターンダッシュにトライするべし!

ダブルスで並行陣にトライしようと思った時に、どうやってネットに出るのか?

どのタイミングでネットに出るのか?という疑問が出てきます。

男子ダブルスならサービスダッシュが一般的ですね。

レディースダブルスの場合は、サービスダッシュにこだわらず、男子ダブルスに比べて、リターンダッシュも積極的に行っているケースが多いように思います。

あるいは、ストロークの展開の中からチャンスを見つけて、アプローチからネットを取る。その他に、とにかく高いロブを上げて相手の出方に関係なくネットに出てしまうペアもいます。

レディースプレイヤーの方が並行陣へのバリエーションが多いのは間違いないと思います。

形にこだわっていないのがレディースダブルスの面白いところですね。

自分たちの戦いやすい形に早く持っていくのに、ためらいが無い。

男性よりも女性の方が柔軟な考え方をしているのかも知れません。

では、男子ダブルスにおいて、少しでもネットを取るためにはどうすれば良いか?

リターンダッシュにぜひトライして欲しいと思います。

狙うのは、相手のセカンドサーブ。

ファーストサーブはやはりスピード、コースも厳しくなるので、返球するのがやっとのことも多いです。

セカンドサーブならある程度スピードが落ちることと、コース、深さも甘くなることに期待できます。

打ち方は、ガツンと打つようなリターンではなく、コートの中に入り、ボレーをするつもりで、正確にボールを捉えること。

トップスピンをかける必要はありません。

ボレーはノーバウンドで打つものですが、このリターンはワンバウンドでボレーを打つ感覚です。

それならスピードもそれほどでも無いので、タイミングさえ掴めば十分に打てるはずです。

ボールの跳ねあがった、自分の顔の高さくらいでボールを捉えるのがコツです。(ライジング)

できればサービスダッシュしてくる相手の足元に沈めるのが理想ですが、クロスに返ればまずはOK

後は、ボレーボレーでの展開になると思いますが、その展開に持ち込めば、実は自分たちのペアが優位に立つことができるのです。

なぜならその前の段階で、既に有利だからです。

理由は打球のポジションにあります。

サーブはコートの外から打たなければならないのに対し、レシーバーのポジションは自由です。

先に打つのはサーバーですが、サービスダッシュして、スプリットステップを踏むのは、大体サービスラインの手前。

それに対し、レシーバーは最初からサービスラインの手前からボールを打って、さらに前へ詰めることができます。

結果、相手のサーバーより、自分の方がネットに近いポジションでプレイできることになります。

これは相手にとってプレッシャーになります。

慌ててミスをしてくれることもあります。

そして、ボレーボレー戦ではネットに近い方が有利です。ローボレーを打たされることが少なく、ネットより高いボールが返ってくることが多くなりやすいからです。

緩いボールを打って、自分からネットに出るのが恐いと感じる方もいると思いますが、サーバーは、リターンされたボールのスピードが速い場合はボレーにもスピードが出ます。しかし、スピードの遅い、緩いボールを強打するのは難しいのです。

さらに先ほど述べたように、十分ネットに詰めたポジションでは無いため、強打してもミスの確率の方が高いはずです。

加えて、そういったリターンに慣れていない相手なら、案外簡単にポイントを取れることがあるので、男子ダブルスでも、ぜひリターンダッッシュにチャレンジして欲しいと思います。

同じフォームから、ストレートロブを打つこともできますね。

そして、これらのプレイにトライして、そのゲームを相手に取られたとしても、それは相手のサービスゲームです。

取られて元々の、相手のサービスゲームなので、ぜひリターンダッシュにもトライして欲しいな、と思います。

きっとあなたのプレイの幅が広がって、ダブルスがワンランク上手になることでしょう。

【朗報!】

ダブルスで勝ちたいあなたのためのDVDがあります。

試合に強くなるテニス「簡単に勝てるダブルス」 です。

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ▼

ダブルスで勝ちたい、優勝したいあなたが最低限知っておくべきこと

また見て下さい。

ありがとうございました。

フォローする