サーブのクセを見抜け!

どうも!現役コーチのジュリイです!

あなたが試合に出場し、相手がサーブを打つ時に、相手からどんなサーブが来るかを読むことができますか?

また自分がサーブを打つ時に、相手に読まれないように工夫をしていますか?

プロ選手の200Kmクラスのサーブでなくとも、相手のサーブを読むことができれば、かなりのアドバンテージになるはずです。

簡単なポイントを押さえるだけなので、今後のリターンゲームに活かして欲しいと思います。

サーブの球種は、フラットサーブ、スライスサーブ、スピンサーブと大きく分けて3種類になりますが、人によってクセがあり、
スピンサーブがキックしたり、スライスとスピンの中間のサーブがメインになったりします。

まずはできるだけ早い段階で相手のサーブのスピードと弾道に慣れましょう。

試合前のサーブ練習は元より、2回り目のサービスゲームくらいまでには相手のサーブに慣れてしまいましょう。

注意深く見ると、どんな相手にも必ずクセと呼ばれるものがあります。

見た目で分かりやすいのはトスです。

スピンサーブを打とうとすると、頭の後ろにトスが上がるとか、サイドにスライスサーブを打つ時は、頭の外側にトスを上げる、などです。

他には、セカンドサーブは必ず自分のバック側(フォア側)へ打ってくる。

大事なポイントは、サーブを入れるだけになる。

有利なポイントになると、高速サーブでエースを狙って来る、などです。

大きく分けると、見た目で分かるクセと、試合の状況やスコアによる見えないクセとがあります。

その中で、対戦相手にどのような傾向があるか?探っていきましょう。

テニスはサービスキープをするのが基本ですが、どこかで相手のサーブをブレイクしないと勝てません。

1セットで2度もブレイクできれば、かなり勝利に近づくと思います。

それには相手のサーブを読むことが第1歩です。

打ち方のクセ、トスのクセ、戦術的なクセ、心理的なクセを読むことができれば、ブレイクの可能性は上がっていきます。

情報は多いほど良いです。

ただ、その情報を分析して、試合に活かせるかどうかが問題です。

次の対戦相手の試合を観れる機会があれば、とにかくサーブだけは見ておくことをお勧めします。

そしてこのブログの記事を思い出して、相手のクセを早く掴んで試合を有利に進めて欲しいと思います。

さて、相手のサーブのクセの見抜き方が分かれば、今度は自分のサーブを相手に読まれないような工夫が必要です。

フラット、スライス、スピンの3種類のサーブを、同じトスで打つことができればベストです。

コースの打ち分けも同様です。

完璧でなくても構いませんが、これをマスターするには練習あるのみです。

少しだけコツを書くと、フラットサーブや高速スライスサーブを打ちたい時は、少しトスを前に上げるとスピードが出やすくなり、相手にも読まれにくいです。

トスを左右に投げ分けると相手に読まれますが、前後への投げ分けは相手からは分かりづらいのでお勧めです。

なかなか難しいテクニックになり、練習も必要ですが、試合に出るならマスターしておきたい技術のひとつですね。

サーブのクセについて書いてきましたが、これは何も一般プレーヤーに限ったことではありません。

むしろトッププロ選手ほど、相手のクセを注意深く読んでいます。

時速200km以上のサーブが際ビスエリアのコーナーに飛んで来るのです。

それをリターンしようと思えば、実際はボールが飛んできてからでは間に合いません。

ワイドか?センターか?それともボディか?

少しでもヒントになるものはないか?

打ち方だけでなく、今までの相手のデータや、当日の傾向などから判断し、ある程度の当たりをつけてリターンしています。

そうして1セットに1度のチャンスをモノにして勝利を掴むのです。

ジュリイが学生のころ、ボリス・ベッカーという選手がいました。

今はジョコビッチのコーチをしています。

ブンブンサーブと呼ばれた高速サーブを武器に、10代でウィンブルドを制覇した選手です。

とにかくサーブが速く、当時のライバル選手は苦戦していました。

アンドレ・アガシもその一人でした。

アガシはベッカーのサーブのビデオを繰り返し観て研究しました。

そしてついにベッカーのクセを発見しました。

そのクセとは、ワイドへサーブを打とうとする時には、サーブを打つ前に舌を出すというものでした。

何か笑い話のように聞こえますが実話です。

プロ選手でもこういったクセはあるのですから、一般プレーヤーの対戦相手にクセはあって当然です。

よく見てみると、とんでもなく分かりやすいクセが発見できるかも知れませんよ!?

おまけ

試合に出なくても、相手のクセを探ると色々なものが見えてきて面白いものです。

明日は相手を注意深く見る日だと思ってトライしてみて下さい。

こまめに更新します。ありがとうございました。

フォローする