アングルボレーっておいしいの?

どうも!現役コーチのジュリイです!

ドロップショットの記事に引き続き、ダブルスでのドロップショットの使い方にも触れておこうと思います。

前回の記事はこちら→知らないと損するドロップショット活用法

ダブルスでドロップショットを有効に使うには、角度をつけることが大事です。

アングルショット、アングルボレーとも言いますね。

シングルスとの違いは相手のボレーヤーがいることです。

ドロップショットはネット際に落とすショットなので、相手ボレーヤーに取られやすいと言えます。

そのためストレートへのドロップショットはまず成功しません。

ボレーヤーに対して遠ざかるように角度を付ける必要が出てきます。

これがアングルボレーという訳です。

ダブルスでのオープンコートは以下の斜線のエリアです。

ダブルスオープンコート

このうち、ボレーヤーの後ろのエリアを狙う場合は、ロブを上げるしかなく、相手を走らせることはできますが、それだけでポイントを取ることは難しいです。

自分たちの右側のペアがアングルボレーで狙うのは、ネット際の斜線のエリアです。

狙うべき状況は、相手のストローカーがベースラインから下がっている、又はセンターにいる時です。

上手くボールの勢いを吸収するように、角度を付けてネット際に落とせばそのままポイントになる可能性が高いです。

成功率を上げるには、なるべくネットに近いところで打つこと。

ネットから遠いと2バウンド目が長くなりやすく、ボレー自体も難しくなります。

並行陣を相手にする時のセオリーの一つに、相手の足元を狙うことがあります。

その足元に来たボールを狙っていきます。

センター側のボールは難しいですが、外側へ来たボールはチャンスです。

かなりのスピードボールの場合は難しいですが、そうでない場合なら十分狙えます。

もちろん練習は必要です。

アングルボレーのコツは、ラケットヘッドを立てること、最後までボールを見ること、ラケットを強く握りすぎず、ボールの勢いを吸収しましょう。

結果としてボールにサイドスピンがかかった感じでネットに近いところに落ちるのがベストですね。

レディース並行陣の場合、特に威力を発揮します。

女性は男性に比べてスピン、スピードの威力が無く、またダッシュ力も弱い傾向にあります。

あなたが並行陣にポジションし、足元にボールが来た場合は、いつでも打てるようになるくらい練習して欲しいと思います。

最後にアングルボレーを打った後のポジションを書いておきます。

このようになります。

アングルポジション

コートの右側が随分空いているように見えますが、相手からの返球範囲からベストのポジションを取るとこういう形になります。

相手の打球位置がもっと外側なら、4人のポジションはもっと左寄りになります。

基本的なダブルスのポジションの考え方については過去記事「図解で分かるダブルスのポジション」を読んで下さいね。

アングルボレーを使えるようになれば、プレイの幅がグッと広がります。

練習をして、チャンスがあればいつでも打てるくらいの自信を持ちましょう。

ここに来れば確実にポイントできる!というくらいの必殺のショットまで磨き上げれば相手のプレイに制限をかけることができ、試合を有利に運ぶことができますよ。

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    てにままさん、こんばんわ~(^-^)
    レディーステニスはホントにちょっと隙を見せると打ってきますよね~(-_-;)
    僕もA級の方のお相手をする時はいつも警戒してますよ(笑)

  2. てにまま より:

    アングルボレー、ハッキリ言って・・・好きです(^v^)

    普段はバックサイドに居ます。
    センター寄りに入ってきた球をアングルボレー、、、
    ジュースコートのアレーへ&アドコート相手前衛の前を通る逆クロアングルも好き^^

    どちらにしても「いやらしい」です(爆)