知らないと損するドロップショット活用法

どうも!現役コーチのジュリイです!

あなたは試合中にドロップショット、ドロップボレーを使いますか?

テニスコートは思っている以上に縦が長いです。

その縦長のテニスコートを有効に使わない手はありません。

プロの試合でもドロップショットは随所に見られます。

しかし一般プレーヤーでドロップショットを使う場面をあまり見かけません。

少しドロップショットの使い方とコツを書いてみようと思います。

ドロップショットの使い方

ドロップショットはネット際にボールを落とすショットで、相手コートに2バウンドさせることを狙っています。

ということは、相手がよりネットから遠いところにいる方が成功率は高まります。

また、自分のポジションもネットに近い方がより簡単に打つことができます。

さらに相手にドロップショットを予測されないように打つことができればベストですね。

ジュリイさん、そうは言ってもそんな状況ってなかなかあるもんじゃないよ?と思ったあなた!

その通りです(>_<)

だからこそ一般プレーヤーはあまり使わないのでしょう。

しかしあなたがドロップショットを打てるけど打たないのと、練習していないから打てないのとは大きく違います。

1試合に1度しか打つチャンスがなくても、無駄になることは無いので、練習しておいて欲しいと思います。

決まればちょっとクールでオシャレなショットですからね(#^^#)

ドロップショットのコツ

それではドロップショットのコツですが、相手のボールの勢いを利用し、できるだけ自分のスウィングでボールを飛ばさないようにすること。

そのためにはボールが落ちて来るところではなく、ボールが上がって来る、または上がり切ったタイミングでボールに当てることが大事です。

また、ボールの軌道はライナー性ではなく、フライ系にしましょう。

ライナー性のボールはバウンド後、前に進もうとするので、結果として2バウンド目が長くなります。

ドロップ1

対してフライ系のボールは多少高く弾みますが、2バウンド目はあまり伸びません。

ドロップ2

ネットギリギリを通そうとせず、高い所を通す方が上手くいきますよ。

ドロップショット打つと効果的な状況をもう一度上げてみます。

  • 相手がベースライン後方にいる
  • 自分がベースライン内にいる
  • 相手のボールに勢いがない
  • 相手が予測していない

そして、自分のドロップショットが上手く打てれば言うことはありません。

でも一般プレーヤーレベルなら、上記の内の2つまで条件が満たされていれば、十分効果的だと思います。

プロ選手は4つの条件が揃っていても、ドロップショットがそのままエースになることは稀で、驚異的なフットワークで追いつきます。

しかしドロップを打った側は、その後の展開までも想定してポイントを取っています。

具体的に言うと、ドロップを放った後、自分もネットに詰めるということです。

あなたも使えるドロップショット!

それではこれを一般プレーヤーに当てはめて考えてみましょう。

4つのうち2つの条件が揃っている状況で、あなたがドロップショットを放ちました。

その時相手は長い縦のコートを走らされ、走りながらボールを拾い、そのボールをミスしないように、また相手にチャンスを送らないようなボールを返さなければなりません。

相手が100点満点の対応をしてきた場合はポイントを失うかも知れませんが、あなたがネットに詰めてしっかりと構えていれば、まずまずの確率であなたのポイントになるはずです。

最後になりましたが、相手に予測されないため、またバックスピンのかけやすさから考えて、最初はバックハンドでのドロップショットをお勧めします。

バックハンドスライスを打つのと同じフォームで、フォロースルーを短く取り、回転量とラケットフェイスの向きを調節しましょう。

一般プレーヤーがドロップショットを打たないのは、単純に練習していないからだと思います。

ドロップショットは、実はそんなに難しいショットではありません。

逆に、ドロップを打つのが難しい状況では打つべきではありません。

自分に余裕がある時にこそ効果を発揮するショットなので、しっかり練習して自分のものにして欲しいと思います。

相手に取られてからが勝負!くらいに思って、相手を走らせるつもりで積極的に使いましょう!

<関連記事>

錦織圭のドロップショットを手に入れてみませんか?

おまけ

フレンチオープンが近づいてきました!

今回の記事のテーマのドロップショットですが、フレンチオープンのようなクレーコートではよく使われるので、少し注目して観て頂きたいと思います。

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする