テニス初心者への教え方

どうも!現役コーチのジュリイです!

新しい年度がスタートし、新入生や新入社員の、いわゆる「新人」があなたの学校や職場や公園?にも1人くらい居るのではないでしょうか?

そして、あなたの所属するテニス部やテニスサークルにも新入生が入って、活気づいていることと思います。

そして中には、テニスが全く初めての新人もいて、先輩であるあなたは、その新人に対してテニスの指導をする機会があるかも知れませんね。

十分にテニスに対する経験と知識があれば、自信を持って人に教えることもできますが、そんな人はなかなかいるものではありません。

増してやあなた自身がまだテニスに対して自信がある訳ではないのに、人に指導するなんて無理だ!と思っているかも知れません。

しかし、目の前にいるテニス初心者の方を放っておくこともできないですよね?

そんなテニス初心者の方に対しての指導の仕方や気をつけるべきことなどをまとめてみました。

本当に全く初めての人にはこの手順で指導しましょう

ラケットを握ったことの無いテニス初心者の新人は、当然ながらボールを上手く打ち返すことができません。

それどころか、ラケットにボールが当たらないこともしばしばです。

そんな初心者の方に、あなたと同じようにラリーをさせようとするのは無理があります。

テニスに限らず、何を指導するにも段階的にするべきです。

ほとんどのボールを空振りしてしまうくらいのテニス初心者の方への段階的指導の例を書いてみます。

全くラケットを握ったことのない方であれば、まずボールの弾み具合に慣れる必要があります。

ワンバウンドでキャッチボールをしてあげましょう。

初心者同士で2人1組で行うのも良いと思います。

それでも空振りをしてしまう方は、ラケットの長さに慣れていないのだと思います。

ラケットでボール突きをしましょう。

地面にボールを突く練習です。

上に突いても構いません。

ここまでできていれば、いよいよフォアハンドストロークの導入です。

しかしいきなりスウィングを教えても初心者には難しいものです。

まずは打点を覚えてもらいましょう。

正しい打点(一番力の入る所)を作り、そこにあなたの手のひらをセットし、ラケットの面であなたの手のひらを押してもらいます。

この時に、ラケットの後ろに腕が支えになっているか、おへそはほぼ前向きになっているか、をチェックしましょう。

グッと力が入っていればOKです。

ワンバウンドでボールを打たせてみる

では次にその打点を作ったままで、あなたがワンバウンドで手投げをしてあげます。

あなたはこの時、できるだけ相手がラケットを構えているところにボールが当たるようにコントロールしてあげて下さい。

ラケットの真ん中に当てて、あなたの胸の辺りにボールを打ち返せれば成功です。

強く打たれると恐いので、あらかじめゆっくり当てるように言っておきましょう(^^;)

(初心者の方は加減ができませんから、注意が必要です)

少し距離を取ってみる

次は少しづつ飛距離を出していきますが、まだベースラインから打つのは早いです。遠くにボールを飛ばそうとすると、どうしても力が入ってしまいます。

最初はサービスラインくらいからにしましょう。

ボールに飛距離を出そうすると、ついラケットを手で引こうとしてしまいますが、先ほど練習した打点の形から、少し身体を捻るようにすればテイクバックの形になります。

ボールを打つ時は、捻った身体をそのまま戻せば元の形に戻るので、先ほど練習した形が崩れにくいです。

こうすればネットを越えるくらいの飛距離は出ます。

こうして少しづつネットからの距離を取っていき、それに合わせて身体の捻りを大きくしていけば、気づけばベースラインからでもネットを越えるようになっています。

ちなみにフォロースルーは、打点で作ったラケットの形を崩さないように言っておくと良いです。

バックハンドも同じような方法で行うことができますね。

今回は全く初めての方へのテニスの導入(ストローク編)ですが、希望があればボレー編も作りたいと思います。

※テニス経験の浅い方へ向けた、「失敗しようがないテニス上達法動画」というDVDを買ってみました。
DVDを観たジュリイの感想と評価はこちら⇒テニス初心者、初級者にぴったりのテニス上達法DVDがありました!

おまけ

錦織選手がスペインで行われた、バルセロナオープンで優勝しました!

ランキングもさらにアップし、今年中にトップ10も実現するかも知れません。

クレーコート(赤土のコート)で勝つには、他のサーフェスのコートに比べて体力と精神力が要求されます。

そのクレーコートで優勝できた錦織選手は凄いですね。

しかしトップ選手は、クレーコートの大舞台であるフレンチオープンに向けて調整してきます。

今回のバルセロナオープンは、有力選手のシードダウンもあり、錦織選手にとってはラッキーな面もありましたが、本番のフレンチオープンはそう簡単にいかないことが予想されます。

もしフレンチオープンで錦織選手が優勝できれば、日本中がお祭り騒ぎになる?

いや、お祭り騒ぎを起こしましょう!!!

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする