テニスのダブルスポジション、基本の「き」

どうも!現役コーチのジュリイです!

ダブルスのポジションについて悩んでいる方は非常に多いです。

シングルスより複雑ですからね。

ダブルスのフォーメーションは、大きく分けると雁行陣と並行陣の2つです。

どちらも相手のポジションによって、自分たちのポジションを変化させていかなければなりません。

この場合はここに、あの場面はこうして、などと一つひとつ覚えるにはあまりにもパターンが多すぎますよね。

僕も普段のレッスンの中で、ポジショニングについて指導するのですが、スクール生の方も覚えるのに苦労しています。

そこで今回はダブルスのポジショニングのベースとなる考え方を解説します。

どんな時も通用するポジショニングの考え方

ポジションを考える時に、まずは相手が打てる範囲を予測することが必要です。

後はその範囲を2人で均等に守るようにポジションを取ります。

図を使って説明します。

ポジ ワイド

右側のプレーヤーがボレーをクロスに送りました。

相手はそのボールを追いかけて、サイドに走ります。

ポジ ワイド2

相手が打つ可能性のある範囲は外の赤線の矢印です。分かりやすくするために、その範囲の真ん中に点線を引きました。

点線を引くことにより、2人の守備範囲が明確になりましたね。

この図の場合は、ベストの守備範囲を取るために、黄色の左側プレーヤーが少し左にポジションを移しています。

次も並行陣で、今度はセンターにボレーを送った場合です。

ポジ センター 

右側のプレーヤーがボレーをセンターに送りました。

相手はそのボールを追いかけて、センターに走ります。

ポジ センター2

先ほどと考え方は同じで良いのですが、図の中の斜線の部分に注目して下さい。

本当は相手の打球範囲は、外側の矢印まであります。

しかし、斜線部分に相手が打とうとすれば、自分のパートナーに当たってしまう可能性が高くなります。

従って、さらに相手の返球範囲は狭くなり、黄色のプレーヤーは斜線範囲を除いた範囲だけを2人で守れば良くなり、非常に有利になります。

さらに、その次の展開を想像すると、赤のストローカーは、自分の打てる範囲が非常に狭いため、無理に強打することを諦め、ロブで展開を変えようとする可能性が高くなります。

黄色の並行陣側はそれを予測し、スマッシュでポイントを取ることでしょう。

センターにボールを送ることが有利になることの好例ですね。

まとめると、どんな時も、相手の返球可能範囲を2人で均等に守ること。

これがダブルスのポジショニングの基本です。

自分たちが雁行陣だろうが、並行陣だろうが、考え方はいつも同じです。

実際の試合では、相手の心理状態や得意なショット、苦手なショット、相手のクセなどを加味してポジションを取ることが、相手と差をつけるポイントになります。

ダブルスのポジションや配球でお悩みの方にお勧めする動画があります。

僕がこの動画を観た感想はブログ内の「ダブルス必勝プログラムの中身を公開」から見れます。

おまけ

読んでみて面白い、ためになると思ったら、お気に入り登録をお願いします。

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする