ダブルスの前衛で積極的に動けません。コツを教えて下さい!~質問と回答~

どうも!現役コーチのジュリイです!

質問が来たので回答したいと思います。

20代女性のゆりさんからの質問(相談)です。

私は前衛のポジションのときにポーチにでたり積極的に前に詰める事が苦手で、自分の役割が果たせない事が多くて凹みます。
相手が打つ瞬間にだいたいコースを読んで出ちゃえ!と言われたりするのですがそれもなかなかできず…
どういうふうに心がければコツをつかむことが出来るか教えて頂けませんかm(_ _)m
よろしくお願いします!

ここまで

僕の担当のスクール生にもこういう方は多いです。

多くの方がこれに悩んでいるとも言えますね。

僕もレッスン中に「もっと思い切って!」とか「失敗を恐れずに!」などと良くいいますね。(^^;)

しかしなかなか改善されないのも事実です。

まずはこの原因を考えてみます。

 ジュリイの返答は?

>>私は前衛のポジションのときにポーチにでたり積極的に前に詰める事が苦手で、自分の役割が果たせない事が多くて凹みます。

この文から推測できることは、恐らくボレーが苦手か、苦手意識があるのではないかと思われます。

ボレーが得意なのにポーチに出れないという人はあまり見たことがありませんから。

※この場合の得意とは、自分で得意だと思っているだけの方も含みます。
逆に、他人から見てボレーが上手なのに・・・と周りの方が思っていても、自分がそう思っていない場合はボレーが苦手ということになります。

苦手意識を克服するには、成功体験を積むしかありませんが、これでは回答になっていないので、別の角度から考えてみようと思います。

>>相手が打つ瞬間にだいたいコースを読んで出ちゃえ!と言われたりするのですがそれもなかなかできず・・

ここまで読むと、ゆりさんの性格も少し見えてきます。

ゆりさんは、責任感の強い方なのではないでしょうか?

思い切ってポーチに出られない方の心の中には、

「もしかしたらストレートを抜かれるのでは?」

という気持ちが強い=ストレートを抜かれるのは自分の責任、と思っているのかも知れません。

しかしこれは考え方しだいで克服できます。

少しくらいストレートを抜かれたとしても、それ以上にポイントを取れば良いのです。

抜かれてもその分を取り返すつもりでポーチに出て欲しいと思います。

この場合のポーチでのポイントには2種類あります。

実際に自分がボールに触ってポイントを取ることと、もう一つはボールに触らずにポイントを相手から得ることの2つです。

ボールに触らずにポイントを得るとは、自分がネットで動くことにより、相手にプレッシャーを与えることができ、その結果として相手からミスを引き出すことにあります。

あなたがネットで動けば、相手は、甘いボールを打つと触られてしまうのではないか?と思い、サイドアウトが期待できます。

また逆に、そんなにセンターに出て来るならストレートを狙ってやろうじゃないか、と思い、力が入ってのミスに期待できます。

このように、ボレーヤーが動くことにより、実際にボールに触ったポイント以上に、陰でポイントを取れているのです。

触らなくてもポイントが取れるなら、ボレーが苦手でも大丈夫ですよね?

あと、ボレーが苦手な方はネットから離れる傾向にあります。

しかし、ネットに近い方がボレーは簡単です。

難しいローボレーを打つことがなくなり、打つことのできるコースも広がり(角度がつけやすい)さらに、フレームショットでも相手コートに落ちてくれることも起こりますからね(#^^#)

いかがでしょうか?

この回答で、ゆりさんがネットで少しでも積極的に動けるようになることを祈っています。

ダブルスにおいての、ボレーヤーのことについては過去記事も参考にして下さい。

来ないコースを捨てるべし!と、ポーチボレーの成功率を限りなく上げる方法、また、ダブルスは予測が命!でも書いているので参考にして下さい。

おまけ

質問にはジュリイの分かる範囲で、可能な限りお答えするつもりです。

あなたからの質問、相談をお待ちしています。

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ゆり より:

    さっそくの回答ありがとうございます。 
    記事を読んでみて、ジュリィさんからのアドバイスは私のスクールのコーチと内容が全く同じなので、いつも言われてる通りなんだなぁ…と改めて思ってしまいました。(^。^;)
    そして私はボレーに苦手意識がめちゃくちゃあります。。。
    苦手というか顔に直撃を受けたことがあるので恐怖ですね。。
    アドバイス通り、触らなくてもポイントを取る事から挑戦していきます!
    ありがとうございました!