スピンサーブを打ちたい! ~質問と回答~

どうも!現役コーチのジュリイです!

メールにて質問を頂きましたので、そのやりとりと回答を記事にしようと思います。

質問内容はコチラ

おはようございます。いつも楽しみに記事を拝見しております。
サーブについて質問があります。

私は今高校2年生なのですが、今までもあまり入らなかったサーブが、一ヶ月ほど前からセカンドも本当の意味で全くはいらなくなってしまいました。
そこで、雑誌の記事を見直したり、動画を見てみたり、OBの方に尋ねたりと対策をとってみたのですが不調は深まるばかりです。打とうとしてるのはスピンサーブで、速度を気にせず回転だけでおとすようなものなのですが、サービスボックスには収まりません。
ダブルスのペアにもサーブのせいでかなり迷惑をかけてしまっているし、ストロークの上達が生かしきれなくて本当にサーブが欲しいです。
フォームが分からないのでなんともいえないと思いますが、このような状況に陥ってしまったとき、どのようにすればサーブが入るのでしょうか。また、急にどん底まで落ちてしまうのはよくあることなのでしょうか。

ここまで

最初に上の内容でメールを頂いたのですが、悩んでいるのは良く分かりました。

ジュリイの返答

しかし文中にもあるように、フォームが分からないのでなんとも言えないのが正直なところでした(>_<)

とりあえず返信したのは、トスが上手く上がっているか?ということと、ラケットのフェイスがどこを向いているか?打つ前のラケットフェイスの向きについての説明と、できれば動画を自分で撮影して見せて欲しいと(YouTube推奨)送りました。

すると次の日にさっそく質問者の田中君から動画を添付したメールが送られてきましたが、ジュリイのスマホでは再生できないようなので、その旨を返信したところ、YouTubeに投稿されたURLがメールで送られてきました。

田中君の本気度がヒシヒシと伝わってきます。

彼は本気で悩んでいる。

本気でサーブの上達を目指している、と強く感じ、僕のできる限りのことをしようと思いました。

田中君は合計7本のサーブを打っていました。

一つひとつチェックしていくと、やはりトスに問題がありました。

スピンサーブはフラット、スライスに比べると、トスの位置は少し後ろになりますが、それにしても田中君のトスは後ろ過ぎでした。

横からの撮影だったので、後ろ足の辺りにトスが上がっているのが良く分かりました。

7本打ったサーブのうち、ほとんどのサーブはトスが後ろすぎるために、打球後にバランスが後ろになり、倒れそうになるのをこらえるために、後ろに下がっていました。

トスが後ろ過ぎなため、体重が前にかかることはなく、そのためボールに勢いが乗りません。

ラケットのフェイスが打つ前に上を向いているのも、スピンがかからない原因と言えますが、これはトスを前に上げることによって自然に解消されると思いました。

そのことをメールにて返信し、メールでの回答は終了しました。

サーブだけでなく、他のショットも一番大事なのは打点です。

サーブ以外のショットは、自分で打ちやすいところまで移動してボールを打ちますが、サーブは逆です。

打ちやすいところに自分でボールを上げることができます。

その代わり、足をあまり動かさないので、トスが狂うと打点が狂うということになります。

狂った打点のボールをそのまま打てば、スウィングが狂うということになり、結果的にボールは上手くコントロールできません。

サーブはトスが8割!と僕は良く言うのですが、今でも間違っているとは思っていません。

田中君には最適なトスの位置を伝え、またスピンサーブのスウィングの感覚を別の言い方で伝えました。

それは、後頭部をラケットで刈り上げるようにスウィング、というものです。

田中君は感謝の言葉と共に、今回の表現は分かりやすいと言ってくれました、

質問と回答の流れから、つい熱くなってしまいました。

動画を見せてもらってのアドバイスという形にまでなるとは思っていなかったですが、質問者の田中君が喜んでくれたので、ホッとしました。

サーブについての良書はこちら

テニス丸ごと一冊サービス―テニスなるほどレッスン (Tennis Magazine extra)

あなたも質問等あれば、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

簡単なコメントは、コメントフォームからお願いします。

フォローする