え?シングルスのポジションは真ん中じゃないの?

どうも!現役コーチのジュリイです!

シングルスの基本ポジションについて意外と知らない方が多いです。

基本ポジションを知らないとコートカバーの効率が悪く、自分だけが走り回ることになります。

相手から見ると、空いているコースがまる分かりになるため、ベースラインからでもエースを奪われることになります。

エースを奪われないまでも、遠い距離を走らされることになり、シングルスで走らされるということはかなり不利になるということです。

ポジショニングの上手い人

あなたの身近にこんな人はいませんか?

  • どこに打っても慌てずにボールを楽々と処理してしまう
  • そんなに足が速く見えないのに、なぜか穴が無い
  • どこに打っても、そこにいるような気がする
  • ネットに立たれると、抜ける気がしない

このような人はポジショニングが抜群に上手い人なのかも知れません。

あなたも相手にこのような印象を与えられるようなプレーヤーになって欲しいと思います。

ポジショニングの基本

ポジショニングの基本は、相手の打ってくる可能性のあるコースの真ん中を守ることです。

それではベースライン上での正しいポジションと考え方を、写真の図を元に解説していきましょう。

図1

ポジション ベースライン編

相手からの2本の矢印は相手の打ってくる可能性のある範囲です。

右の矢印はクロスに入ってくるので、コート内にボールが弾んだ後、さらにコートの外へと逃げて行くために、自分の右側のスペースは大きくなります。

ということは、この図の場合の自分のベストポジションは、横に伸びた矢印の範囲の真ん中。センターマークの少し右ということになりますね。

それでは次に自分がネットに出た時のポジションについて解説します。

図2

シングルスポジ ネット編

ベースラインとは違い、今度は自分のポジションはセンターラインより少し左になっています。

今度は相手が打ってくる可能性のある範囲が、ベースラインの時に比べて狭くなっているのが分かると思います。

ネットに近いクロスのコートはアウトになるからです。

さらに付け加えて言うなら、どちらかと言うとストレートに意識を持った方が良いです。

70%くらいはストレートに意識を持って下さい。

ネットに立つと相手からの距離が近いので、スピードのあるボールに反応するためにはストレートを警戒する必要があります。

ちなみにこの図の場合、次にボレーで狙うコースは相手の右側のオープンスペースですね。

まとめ

シングルスの基本ポジションをしっかりと身につけると、コートカバーが楽になります。

そして基本が身についたら、次は自分が優勢か?それとも劣勢かをラリーの中で判断しましょう。

優勢ならベースラインの中に入って、相手から浅くなったボールを攻撃する準備をしましょう。

劣勢ならベースラインより後ろに下がって、相手からの攻撃的なボールに備えましょう。

このように、常に相手からどんなボールが来そうかを予想し、それに応じたポジションを取ることが大事です。

まずは基本を押さえて下さいね。

シングルスが強くなりたいあなたには、スペインテニスを一度は学んで欲しいと思います。

スペインテニスの本質が分かるDVDを購入した感想はこちら⇒ザ・スパニッシュテニスDVDがあなたのストロークを劇的に変えるかもしれないというお話

フォローする