テニス肘が改善の兆し!効果があったのはナニ?

どうも!現役コーチのジュリイです!

最近の僕の右腕の状態を報告します。

なんと・・・

徐々に良くなっているような・・・(;´∀`)

・・・そんな気がします。

まず、一日の間で、腕がだるいと感じる時間が減った。

腕の筋肉の張り具合が、少しましになっている気がする。

サーブを打っても、後で痛くならない。

このように、明らかに1か月前とは改善していることが実感できます。

完全に治ったのかと言われれば、そんなことはありませんが、明らかに以前とは違う感覚になってきています。

テニスエルボーに悩んでいる方には、どうやって治したの?と聞かれそうなので、ジュリイが現在行っている自分なりのケアの方法をご紹介します。

◆テニスの後はアイシング

どんな痛みでも、痛みがある間はとにかく冷やすことが大事です。痛い、腫れている、ということは、炎症を起こしているということ。それには冷やすことが一番です。

氷袋や氷嚢でのアイシングがお勧めです。

◆テニスの前にはテーピング

テニスで腕を使う前には、必ずテーピングをします。

キネシオテープと呼ばれているもので、普通に薬局で売っています。

貼る箇所によって、きちんとした貼り方があるようですが、僕はとにかく痛みのある個所に貼ってしまいます。一応筋肉に沿って貼る方が効果的なようです。

ジュリイは 右肘の内側が痛むので、腕からその箇所にかけて、4メモリ分くらいに切ったキネシオテープを、軽く伸ばしながら貼ります。

テーピング腕に貼るテーピング

◆テニスをする時には、さらにサポーターを装着

このサポーターは、筋肉の急激な伸びを抑えてくれます。筋肉の急激な伸びは、筋肉の付け根である「腱」に負担を与えます。また、サポーターの効果により、筋肉が冷えるのを防止してくれます。筋肉が冷えると固くなり、これも「腱」へ負担を与える原因となります。

サポーター肘

 ウイルソン (Wilson) Ra-Ti テーピングサポーター(ひじ用) WRZ900400 [分類:テニス サポー…

◆入浴時のマッサージと、低周波治療器で筋肉をほぐす

入浴時のマッサージは、自分で右腕をもみほぐすだけです。

低周波治療器は家庭用の物を購入しました。

低周波

【楽天ランキング1位受賞】充実の治療プログラムで本格的に治療【メール便送料無料】 オムロン …

◆加圧トレーニング

5,6年前に購入した、自宅での加圧トレーニング専用シャツ(加圧ベルト付き)でのごく軽い負荷での加圧トレーニングです。

加圧トレーニングとは、動脈を圧迫し、血流を制限したままで運動することにより、乳酸値を高め、成長ホルモンを大量に分泌させることで筋力アップや、ケガからのリハビリとして活用します。

加圧シャツ

◆ストレッチ

腕のストレッチはもちろん、首のストレッチもこまめに行っています。

いくら腕をほぐしても、腕の張りは首からも来ているので、元からほぐさないといけない、とお医者さんに言われました。左右と、斜め後ろの左右の4方向をストレッチします。頭を反対の手で持って約20秒ほど引っ張ります。

気持ち良いのでお勧めです。(^-^)

まだ完全に治った訳ではありませんが、改善を実感しています。

毎日テニスをしているテニスコーチでもテニス肘を克服できるということは、テニス肘に悩んでいる方にとっては、希望と言えるのではないでしょうか?

残念なのは、改善に向けての対応策をたくさんやりすぎて、何が一番効果があったのかが分からないことです・・・(-_-;)

なんとなくではありますが、加圧をやり始めてから痛みがマシになってきたのかな?とは思っていますが、はっきりとは断言できません。

個人的には治れば何だって良いのですが、同じ悩みを持つ人への的確なアドバイスができるように検証を続けていきたいと思います。

テニス肘について書いています⇒

テニスエルボー(テニス肘)の改善について

おまけ

お気に入り登録などをして、また訪問して下さいね。

>>2015年10月、テニス肘の痛みを軽減させるテーピング方法(動画あり)更新しました。

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする