ボレーに回転は必要か?

どうも!現役コーチのジュリイです!

あなたはボレーを打つ時に、ラケットにボールがどのように当たるのがベストだと思いますか?

ラケットのフェイスが上向き?

それとも地面と垂直?

下向きと答える人はいないと思います。

ボレーは、できるだけ少ない力でボールを飛ばすことを考えるべきです。

ボレーのポジションはネットに近く、相手との距離も近いです。

ということは、時間的余裕が少ないということです。

至近距離で強打されることもあり、そんな状況ではラケットを引く間はありません。

可能な限りコンパクトな打ち方で、且つ遠くにボールを飛ばす必要があります。

ですからラケットフェイスが上を向いた状態でボールに当てるのがベストとなります。

ボレーのテイクバックの矯正方法

相手からのボールがどちらに来るかの判断をしたらすぐに身体をターンさせ、ボールの延長上にラケットをセットします。

くれぐれも腕や手首でラケットを引かないように注意しましょう。

と言っても、ついついラケットを引いてしまうものです。

ここで、簡単な矯正法をご紹介しておきます。

脇が空くほどに腕からラケットを引いてしまうのが良くないので、脇にボールを挟んで下さい。

そしてそのままボールを落とさずにボレーを打つ練習をします。

腕を引いてしまうとボールが落ちてしまうので、自然にラケットの引きが抑えられます。

実際にボールを挟むと、変な人になってしまうかも知れないので、何かを挟んでいる気持ちでも良いです。

ボレーは意識して回転をかける必要なし!

次に、ボールには回転をかけた方が良いのかどうかについてですが、

答えは・・・

かけなくてOK?

アンダースピンをかける?

いや、かかっていない方が良い?

正解は・・・

かけようとしなくても良いが、勝手にかかってしまう、です。

先ほど書いたように、インパクトの瞬間、ラケットフェイスは若干上向きにするのがベストです。

そしてそのまま飛ばしたい方向へと、身体全体でボールを運びますが、この時にボールはラケット押される形になります。

すると、上向きにしたラケットフェイスに当たったボールは、若干ですが逆回転をしながら飛んで行きます。

ダウンスウィングするイメージを持ってラケットを動かすのは間違いです。

ボレーを打つ時に、ボールに回転をかけようとすると、フレームショットや、オフセンターショットが増えます。

コントロールも上手くいきません。

しかも、相手コートでボールが弾んだ時に、浮きやすくなります。

良くないことずくめなので、あなたは今すぐ逆回転を意識した回転過剰なスライスボレーは止めにしましょう。

上級者のボレーは、確かに逆回転がかかったままボールが飛んでいきますが、上向きにしたラケットフェースに当たって、結果的に逆回転がかかっただけです。

意識して回転をかけているつもりは無いので、見た目だけを真似するのは危険です。

もう少し詳しくラケットの動きを説明すると・・・。

  1. ボールの後ろにラケットをセット(フェイス若干上向き)
  2. そのまま地面と平行に、真っ直ぐラケットが動きインパクトを迎える。
  3. インパクトでは一瞬ラケットがボールに押され、ラケットフェイスがさらに上向きになる(ほんの一瞬だけ)
  4. フェイスはすぐに持ち直し、しかしボールに押された勢いで若干ラケットが上向きになったまま、さらに上向きが強調されたままフォロースルー(手首の形は変わらず)

※見た目では、3~4の瞬間で、ダウンスウィングしているように見えやすいだけに、そこを真似してしまう人が多いのですが、意識してダウンスウィングをすることのないように注意しましょう。

あなたがボレーマスターを目指すなら、コンパクトで上向きのラケットセットと、ボールに対して真っ直ぐに当てる気持ちを持つところから始めて下さいね。

おまけ

面白いと思われたら、お気に入り登録して明日も読んで下さい。

タイトル下の「サイトマップ」に、カテゴリ別の一覧があるので、興味のある記事を読んでみて下さい。

関連記事もおススメです。

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする