並行陣を攻略せよ! ~ダブルス家訓シリーズ~

どうも!現役コーチのジュリイです!

テニスの基本が身に付き、ストローク、ボレー、サーブ、スマッシュの基本的なショットがコントロールできるくらいのレベルになると、それに応じて周りのレベルも高くなってきます。

相手が並行陣でプレイしてくる割合も増えてきます。

そして、その並行陣にいつもやられてしまうという方も多いと思います。

並行陣は優れた陣形ですから、ネットに2人がしっかりと構えられるとプレッシャーを感じるものです。

それではどうすれば並行陣を打ち破ることができるのか?

今回はそのコツをお伝えしようと思います。

並行陣をしっかり作られると、すでにかなり不利な状態になっているのですが、ここはあえてその不利な状態からどのように対抗するかを考えてみます。

並行陣はネットの近くに相手が2人ポジションしています。

あなたがベースラインに立っていると仮定して、ネットの向こうの相手を見ると、空いている(ように見える)コースは3つあるはずです。

  1. 左側のボレーヤーのサイドのスペース
  2. 2人の間(センター)
  3. 側のボレーヤーのサイドのスペース

この3つの内、狙えるコースに打とうとしても、狙えそうなコースは既に予測されているため、実際には抜けるコースというのは非常に狭いと言えます。

無理に狙っても相手に取られるか、自分のエラーが先に出ることでしょう。

ダブルスコートは少し幅が広いとは言え、2人もコートに立てば、相手の横を抜くというのは相手の返球が浅いなどの状況でなければ難しいです。

このように、相手の横を抜こうとするようなコートの使い方は、平面的にコートを捉えた考え方で、シングルスはさておき、ダブルスの並行陣を相手にする場合は、コートの捉え方を変える必要があります。

もうお分かりですね?

コートを立体的に見ると答えが出てきます。

立体的に見るとは、相手の頭の上や相手の足元を狙うという考え方をすることです。

並行陣を崩す考え方は、相手の左右ではなく、相手を上下(前後)に揺さぶることです。

並行陣といってもレベルによって色々なポジションを取るペアがいます。

ネットにベタ詰めのペアから、サービスライン付近にポジションするペアもいて、相手の基本的なポジションはある程度把握しておく必要があります。

しかし、相手が並行陣であるなら、まずは相手の足元へ、又は相手の頭の上へロブを上げましょう。

相手がネットに近いポジションならロブが有効です。

相手がサービスライン付近なら、足元へボールを送りやすいと思います。

相手の足元へのボールの次に、頭の上を狙ったロブなどを組み合わせていきましょう。

相手を前後に揺さぶっていき、相手の返球が甘くなるのを待ち、攻めていくのも良いでしょう。

いずれにしても、並行陣を崩すのにロブは欠かせないショットなので、上手く上がるように練習して欲しいと思います。

ちなみにロブには3種類あり、フラットロブ、スライスロブ、トップスピンロブと、それぞれ特徴がありますが、スライスロブと、トップスピンロブをマスターすればダブルスでは絶大な威力を発揮するので、あなたの性別、レベルに関係なくマスターして欲しいですね。

次に、前後に相手を揺さぶり、ロブでポイントを取る方法をお伝えします。

ほとんどのプレーヤーが、ロブを守りにしか使っていません。

これは非常にもったいない考え方です。

相手に追い込まれて、苦しくなった時にロブを上げるようでは相手の思うツボです。

相手は、苦しくなったあなたから上がって来るロブを、「待ってました」とばかりにスマッシュを叩き込んでくるでしょう。

これではいけません。

では苦しくなる前に、フォームを隠してロブを上げてみればどうでしょうか?

まだ余裕がある状況なら、コントロールも良いだろうし、いかにも強打しますよ、というフォームからロブを打つことができれば、相手の頭の上を越えてエースを奪うこともできます。

相手に察知されにくく、適しているのはフラットロブか、トップスピンロブです。

いずれもしっかりと肩を入れて、タメを作って打てれば強打が来ると相手に思わせるtことができます。

ポイントは、自分に余裕あるうちにロブを放つことです。

女性はロブを上手く使ってプレイしますが、男性はとかく強打に頼りがちです。

男子ダブルスでも使い方によっては、ロブは非常に有効なショットになるので、逃げのロブでなく、攻撃的なロブを身につけて下さいね。

まとめると、並行陣を崩すためには、平面的な考え方を捨て、立体的な考え方を身につける。

困った時のロブではなく、まだ余裕のある状況で攻撃的にロブを上げる。

この2つを実践すれば、必ず効果が現れてくるはずです。

あなたの上達への手助けができれば嬉しいです。

※ダブルスのポジションや配球でお悩みの方にお勧めする「テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラム」という動画があります。

ジュリイの感想は「ダブルス必勝プログラムの中身を公開」に書いています。

テニスについての相談、質問などあればお気軽にメール、またはコメントを下さいね。

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする