私はこれでテニスの試合に負けました(涙)よくある理由3つ

どうも!現役コーチのジュリイです!

あなたはダブルスの試合に出場した後、その反省をしますか?

結果が優勝であれば反省は必要ないかもしれませんが、ほとんどの人はどこかで負けます。

トーナメントとは1人(1組)の優勝者と、その他大勢の敗者がいるものです。

あなたの敗因は何だったでしょうか?

ダブルスの試合に出場した生徒さんから試合結果を聞くことがあります。

細かく聞いてアドバイスはするのですが、共通してよく聞く悩みや相談があります。

今回は試合結果、試合内容でよくある相談、質問を書いてみたいと思います。

あなたも一つくらいは思い当ることがあるかも?

試合結果のよくある3つ

①試合内容は競っているのに、ノーアドを取られて負けてしまう

②試合の序盤は勝っているのに、逆転負けを喫してしまう

③自分達より上手く見えないのに負けてしまった

いかがでしょうか?

あなたに思い当ることはありませんか?

それでは一つずつ解説してみます。

①試合内容は競っているのに、ノーアドを取られて負けてしまう

最近はプロの試合でもノーアドが主流になっています。

同じ質問を、デビスカップでの記録を多数持っているプロテニス選手、鈴木貴男プロにぶつけたことがあります。

その答えはこうでした。

ノーアドまでカウントが進んでしまうと、サービスゲームの優位性が失われてしまう。

1ポイントの勝負なので、どちらに転ぶか分からないのが恐い所だ。

ノーアドをどうやってポイントするかよりも、サービスゲームでは常に先にポイントをリードして、ノーアドに持ち込まれないようにすることを考えるべきだ。

とのことでした。

僕もそう思います。

逆に相手のサービスゲームでは、ノーアドまで持ち込めば勝機が出て来るということですね。

②試合の序盤は勝っているのに、逆転負けを喫してしまう

このような展開って、テニスの試合ではよくあることです。

5-0でリードしていて、そこから逆転した(された)ようなことも起こります。

逆転勝ちなら良いですが、逆転負けがよく起こるのなら何か原因があるはずです。

逆転負けが多いあなたのペアは、雰囲気作りや間の取り方を見直した方が良いかも知れません。

バレーボールが好例ですが、チームがポイントを取る度に全員でハイタッチをして、お互いに気分を盛り上げます。

連続してポイントを取られたらすぐにタイムアウトを取って、作戦を練り直したり、相手のリズムにならないような間を取ります。

ハイタッチも、作戦タイムも、間を取ることも、強いダブルスペアは必ず行っています。

あなたのペアはどうでしょうか?

ダブルスはシングルスに比べて、雰囲気や流れで試合が決まってしまうことが多いです。

こういったことに気をつけてプレイすると、試合中の流れを掴めるようになってきますよ。

③自分達より上手く見えないのに負けてしまった

テニスの試合はフォームがキレイなだけでは勝てません。

ボールにスピードがある方が有利だとは限りません。

明らかにレベルに開きがあれば、見ただけでも分かりますが、試合に出場しようと思うくらいのレベルであれば、フォームやボールスピードだけでは判断しない方が無難ですね。

ダブルスは特にですが、打つコースやポジション取り、ペアとのコンビネーションが上手いかどうかが大きなウェイトを占めています。

一つひとつのショットが目立たなくても、その使い方が上手いかどうかで勝敗が分かれてきます。

自分たちより上手く見えなかったのに試合には負けた、というのは、相手の方がダブルスのプレイを知っていて、それを試合で実行できた結果だと思います。

逆に言うと、自分たちがまだダブルスの戦い方を理解できていない、また、自分たちのペアに合った戦い方を身につけていない、と言えるかも知れませんね。

以上、よくある生徒からの試合結果報告3つでした。

おまけ

ダブルスのことについてもっと知りたい方は、カテゴリの「ダブルス家訓シリーズ」をご覧下さい。

また、ダブルス戦術の内容については、ダブルス必勝プログラムの中身を公開に詳しく書いていますので、気になる方はご覧下さい。

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする