テニスの両手打ちバックハンド、力み過ぎ、異様に疲れる ~質問と回答~

どうも!現役コーチのジュリイです!

メールにて質問が来たので、回答したいと思います。

質問内容はこちら

私もバックが苦手で苦労しています。消しゴム等を右手に挟んで…とありましたが、例えば右手は全くグリップを握らないで軽く添えるだけで練習してみるのはありでしょうか?
普段の練習はスクールのみなので、レッスン中に消しゴム等出すのが難しいもので。

それとグリップについては右手はコンチネンタルと教わりましたが左はあんまり意識していませんでした。イースタンなのか、セミウエスタンなのか…。おすすめありますか?

あと、コーチにいつも言われるのがフォアに比べてバックの方が力んでいてスイングスピードが早いと言われます。
自分では早く振っているつもりはないのですが、焦ってるのかもしれません。フォアに比べて異様にバックは疲れてしまいます。

ここまで

>>私もバックが苦手で苦労しています。消しゴム等を右手に挟んで…とありましたが、例えば右手は全くグリップを握らないで軽く添えるだけで練習してみるのはありでしょうか?

ありですね(^-^)

両手打ちバックハンドで、右手に力が入りすぎる方への対処法として、消しゴムを右手に握る方法を紹介しましたが、右手の力を抜くことができるならどんな方法でも良いと思います。

>>普段の練習はスクールのみなので、レッスン中に消しゴム等出すのが難しいもので。

た、確かに・・・(^^;)

いきなりレッスン中にポケットから消しゴムを取り出すのは確かに抵抗があるかもですね。

※詳しくは「テニス初心者のためのバックハンド上達法」をご覧ください

消しゴムの代わりに振動止めではいかがでしょうか?

消しゴムよりごまかしやすいかも・・・?(;´∀`)

>>右手はコンチネンタルと教わりましたが左はあんまり意識していませんでした。イースタンなのか、セミウエスタンなのか…。おすすめありますか?

左手はイースタンが主流ですね。

極端な握り方でなければ、自分のしっくり来る握り方で良いと思います。

普段は左手イースタン、右手コンチネンタルで、緊急の時(リターンなど)だけグリップチェンジせずに(右手フォアハンドの握りのまま)左手だけ添えて打つのもありですね。

このように、あまり固く考えず、自分の感覚を優先にするのも一つの方法です。

>>フォアに比べてバックの方が力んでいてスイングスピードが早いと言われます。
自分では早く振っているつもりはないのですが、焦ってるのかもしれません。フォアに比べて異様にバックは疲れてしまいます。

コーチに言われるということは、自覚はないけど力んでしまい、ブンブン振っているのが現状なのだと思います。

テイクバックは早めにできていますか?

テイクバック(身体のターン)は、相手のボールがネットを越えたあたりがベストです。

ボールが地面に落ちた時にラケットを引くようだと遅いです。

テイクバックが遅いと、その遅れを取り戻すために慌てて引いて、慌てて打つことになります。

その結果、力んでしまいます。

傍から見ると、ブンブン振っているように見えます。

質問者様がどうなのか分かりませんが、スウィングに余裕がない人に多いのがこんな人です。

  1. 相手からボールが来る
  2. ボールまで追いつく
  3. 追いついてからラケットを引く
  4. 引いたらすぐにボールを打つ

対して余裕のある人の場合は、

  1. 相手からボールが来る
  2. ラケットを引きながら追いかける←ココでテイクバックが完了
  3. ボールに追いついたと同時にスウィングが始まる
  4. ボールを打つ

テイクバックが早いと余裕が生まれ、力みが取れるはずなので試して欲しいと思います。

以上がジュリイからの回答になりますが、お役に立てたでしょうか?

こまめに更新します。
ありがとうございました。

フォローする