テニス、ダブルスではロブを使うことが大事

どうも!現役コーチのジュリイです!

男子、女子ダブルスを問わず、ダブルスではいかにロブを上手く使うかが、勝敗を分けることがよくあります。

ダブルス上手と言われる人は、必ずロブを上手く使いこなしていますね。

ロブを上手く使うことによるメリット

❶時間を稼げる

❷相手のミスが期待できる

❸形勢逆転を狙える

❹エースになることもあり

他にもメリットはあると思いますが、次に、いつ使うのか?どういう状況でロブを打てば効果的なのか?ということを書いてみようと思います。

❶時間を稼げる  ❷相手のミスが期待できる

自分たちが苦しい状況になった時、時間を稼ぎ、ポジションを整えるためにロブを上げます。

ただし、こういった不利な状況でロブを上げると、相手もそれを待っているので、上級者には通用しないことが多いです。

しかし、ロブしか選択肢が無いのもまた事実。

ここで最後の手段をあなたにだけ教えたいと思います。

それは、超、天井ロブです。

思いっきり高く上げてしまうのです。

インドアコートでは使えませんが、アウトドアでは結構使えます。

超天井ロブをそのままスマッシュされてしまうことは、ほぼ無いでしょう。

なぜなら、アウトドアには「風」「太陽」「照明」などの障害が多い上、プレッシャーの掛かった試合中にそんなボールをスマッシュしても、ミスをする可能性の方が高いからです。

相手の対応で、考えられるのは、ボレーで繋いでくる、または、グラウンドスマッシュを打ってくる、の2択になるはずですが、いずれにしても自分からミスをせず、時間を稼ぐことには成功しています。

❸形勢逆転を狙える

攻撃的にロブを使うことにより、形勢逆転を狙います。

例えば、相手がサービスダッシュしてきた場合、相手のボレーヤーの頭の上を狙ってロブを上げる。(スライスロブを使う)

また、ボレーボレーの展開になった、またはなりそうな場面で、ロブボレーを上げる。

強打と見せかけてロブを上げる、などです。

他にもいろいろありそうですね。

ここでのポイントは、相手のポジションをよく見ておくこと。

相手のボレーヤーを注意深く見ていれば、そのボレーヤーが何をしようとしているか、どうやってポイントを取ろうとしているか、が分かってきます。

ネットへベタ詰めしてくるボレーヤーは、ポーチでポイントを狙っているので、頭の上を抜くのは簡単です。

❹エースになることもあり

形勢逆転の延長とも言えますが、さきほどのロブボレーなどは、そのままポイントになることもあります。

もう一つはトップスピンロブです。

トップスピンロブはフォームで見抜きにくいので、相手のボールが緩くて深い場合はチャンスです。思い切って擦りあげて下さい。

エース級のボールを打てなくても、上空で急激に落ちるボールになるので、スマッシュも打ちにくいはずです。

以上、状況に合わせたロブの使い方でしたが、中級レベルくらいまではフラットロブをメインに使っていると思いますが、ぜひスライスロブを覚えることをお勧めします。

スライスロブはフォームが小さく、同じフォームでスライスとしてネット際に沈めることもできる、しかもフォロースルーの長さでボールの高さや深さを調節できるので、実戦向きなロブです。ぜひ頑張ってマスターして下さい。

コツは、ボレー打つ時と同じようにラケットをセットして、後はラケットのフェースを少し上向きにして当てる。当たると同時に上に向かってフォロースルーを長くとることです。

ボールの下からラケットを入れるイメージでやってみましょう。

NG→切るようなスウィング、ラケットヘッドを返してしまうスウィング

トップスピンロブは打てなくても戦えます。でも、そんなに難しくはないので、挑戦して下さい。

ポイントはスタンスです。セミオープン、フルオープンスタンスがお勧めです。

スクエアスタンスでは相手のボレーヤーの頭を超す十分な高さを得られないと思います。

以上、ロブについて書いてみましたが、あなたもロブを上手く使いこなして、賢いダブルスマスターになって下さいね。

ダブルスで草大会入賞を目指すなら、あなたの役に立つかも知れません。

「テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラム」

この動画のジュリイの感想は「ダブルス必勝プログラムの中身を公開」から見れます。

こまめに更新していきますので、また訪問して下さい。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    てにままさん、ロブを使いこなしてそうですね~(;^ω^)
    レディーステニスでは特にロブは大事ですよね。

    ジュリイ風に言うと
    「ロブを制する者は、女テニを制す」
    て感じですかね~

    レディースだけでなく、男子ダブルスで、もっとロブを上手く使って欲しいな?と思う事、しばしばです。
    特に若い子たちはそうですね。

    「男ダブこそロブを極めよ!」

    あ、僕こういう表現好きなんです。
    これからもどんどん勝手に作りますよ?
    またコメントまってまーす!

  2. てにまま より:

    確かにロブは有効です。
    守りにも、攻撃的ロブも、、、ですね^^

    天井ロブをダイレクトでスマッシュしてくる人は少なく
    確かにグラウンドスマッシュになる確率は高いと思います。
    まっさかさまに落ちてくる球はスマッシュだけじゃなく嫌なもの!

    スライスロブもスピンロブも大好きですよ~(笑)
    回転のせいで、ネットやフカシテくれる人が多々^^

    これだからロブはやめられない(たまには短くなって。。。(-_-;)もありますが)