テニスを上手く見せるには、上手くなるにはココを真似しろ!

どうも!現役コーチのジュリイです!

テニス初心者の方にとっては、何を基準にすれば良いのか分からない。

お手本にする人が身近にいない、などの悩みがある方もいると思います。

そこで今回はテニス初心者のあなたにぜひ取り入れて欲しいことを書いてみたいと思います。

テニスに限らず、スポーツでもその他の習い事でもプロや上級者のマネをするのは上達の近道です。

テニスは恰好から!とジュリイはよく生徒に言うのですが、この言葉の意味は、まずは見た目から上手く見えるようにしましょうよ!?という意味です。

見た目だけでも上級者のマネをすると、気分的にも高まります。

そして、実は見た目だけではなく、実際に上達の効果はあるのです。

しかしそっくりそのままマネをするというのはやっぱり無理があるので、初心者の方でも簡単にマネができ、なお且つ重要なポイントだけを抜き出してあなたにお勧めしようと思います。

プロ選手のココを真似するべし!

今回あなたにお勧めしてたいマネすべきポイントは、フォアハンドのテイクバックです。

テイクバックとは、ラケットを引く動作の事です。

プロ選手はよく見ると、肘からテイクバックをしています。

肘から引く、ということが非常に重要です!!

ほとんどのプロ選手や上級者は、ラケットの先端からではなく、肘から引いています。

あなたも今日を境に肘からテイクバックをしましょう!

これは比較的簡単にマネできると思います。

スウィング中はボールにラケットを当てるのに集中するため、他に意識を持っていくのは難しいですが、スウィングの前なら意識することができます。

そしてできれば最初は必要以上に脇を空けずに肘から引きましょう。

理由は肩甲骨を動かすためです。

骨盤とか、肩甲骨とか言われると何やら難しく感じるかもしれないので、あまり深く考えずに、構えた状態から自然に肘から引けばそれでOKです。

肘を引き始めるタイミングも重要です。

目安は相手のボールがネットを越える時ですが、早ければ早い方が良いです。

初心者の方はよくボールが弾む時にラケットを引くのですが、これは遅すぎます。

注意しましょう。

最後に、スウィング前の構えですが、できればこれもプロ選手のマネをお勧めします。

膝は軽く曲げ、お尻を少し落とす感じです。

詳しくは過去記事の、パワーポジションで骨盤を動かせ!に書いています。

骨盤はパワーの源です。

骨盤が上手く動くと、驚くほどボールのスピードが上ります。

そしてそのパワーをラケットまで伝える際に、その力をスムーズに、そしてさらに増幅させて伝えるために肩甲骨を動かします。肩甲骨を動かすには肘から引くことです。

プロ選手や上級者のマネをすれば上手くなれます。

プロ選手は意味の無いことはしません。

ひとつひとつの動きには必ず意味があります。

その中でも簡単にマネできて、なお且つ重要なポイントからトライしてみましょう。

今回は「構え」と、「テイクバック」でした。

きっとあなたのテニスにとって、プラスになるはずです。

テニス経験の浅い方へ向けた、「失敗しようがないテニス上達法動画」というDVDを買ってみました。
DVDを観たジュリイの感想と評価はこちら⇒テニス初心者、初級者にぴったりのテニス上達法DVDがありました!

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする