テニス初心者が覚えるべきグリップは2つだけ!

どうも!現役コーチのジュリイです!

テニスを始めて間も無いあなたにとって、できないことがたくさんあると思います。

これからたくさんの壁にぶつかると思いますが、ひとつひとつクリアして欲しいと思います。

それではまず誰もがぶつかる壁のひとつに、ラケットの握り方があります。

そこで今回はジュリイがお勧めするグリップについての考え方を紹介したいと思います。

覚えなければいけないグリップは、2つだけです!

それはストローク用のグリップが1種類と、ボレー、サーブ、スマッシュ用で1種類です。

まずはストローク用のグリップですが、いくつか種類があります。そのうち自分が打ちやすい、力が入りやすいと感じたものを選びましょう。

【フォアハンドストロークのグリップについて】

イースタングリップ

イースタングリップの特徴は、手のひらの向き=ラケットの向き、となるので、ラケットがどの方向に向いているのかが分かりやすいことです。またボールをまっすぐに押しやすいので、手のひら感覚を重視したい人にお勧めです。

セミウェスタングリップ

セミウェスタングリップの特徴は、力強くボールを叩くことができる点と、自然にラケットのフェイスが下を向くので、下から上へのスウィングが身に付きやすく、自然とトップスピンがかかるようになります。

現代テニスにトップスピンは欠かせないので、セミウェスタングリップで握っているプロ選手は多いです。

他にはウェスタングリップがありますが、必要以上に厚いグリップは上達の妨げになると思うので、最初は必要ないとジュリイは思います。

【コンチネンタルグリップについて】

次は、ボレー、サーブ、スマッシュ用のお勧めグリップである、コンチネンタルグリップです。3つのショットは全て同じグリップで行います。

コンチネンタルグリップ

コンチネンタルグリップは力が入りづらいので、すぐに自己流のグリップに変えてしまいがちですが、硬式テニスでこのグリップを避けて通ることはできないと言っても言い過ぎではないでしょう。

このグリップを避ける=上達の遠回り、と言えます。

特徴をショット別に挙げてみます。

ボレーにおいて、コンチネンタルグリップによるメリットは、グリップチェンジが必要ないという点。それと、自然にラケットフェイスが上を向く点。

最初は力が入りづらく感じますが、腕とラケットをVの字に立てておけば力負けしにくくなります。

サーブ、スマッシュにおいて、コンチネンタルグリップによるメリットですが、写真を見ると分かるように、親指と人差し指の間にラケットが見えます。

言い換えれば、親指と人差し指の間から、ラケットが出入りしやすいということ。

手首を柔らかく使いやすいので、ラケットが大きく動きます。

ラケットが速く大きく動くと、ボールにパワーが伝わり、スピードボールが打てます。

多くの方が、コンチネンタルグリップを避けてしまいがちですが、サーブ、ボレーではコンチネンタルグリップのメリットは大きいので、クセがついてしまう前に、コンチネンタルグリップを覚えて欲しいと思います。

ジュリイは、テニスが全く初めての方にも、柔らかいボールでプレイする子供たちにも、最初からコンチネンタルグリップで教えます。

後から修正するのは大変だからです。

詳しくは、サーブのグリップと富士山への道にも似たことを書いています。

それではコンチネンタルグリップの握り方を忘れた時のための、お勧めの方法を紹介します。

①左手でラケットを目の高さまで水平に持ち上げます。

②目の高さのラケットのグリップを自然に握ります。

これでほぼコンチネンタルグリップになっているはずです。

テニス経験の浅い方へ向けた、「失敗しようがないテニス上達法動画」というDVDを買ってみました。
DVDを観たジュリイの感想と評価はこちら⇒テニス初心者、初級者にぴったりのテニス上達法DVDがありました!

また更新します。

ありがとうございました。

フォローする