チャンスボールについてみんなが誤解していること

どうも!現役コーチのジュリイです!

テニスをプレイしていると、チャンスボールに遭遇することがありますね。

このチャンスボールの扱いひとつで、その後のプレイが良くもなり、悪くもなります。

チャンスボールを見事にポイントまで結び付けられれば、ひと安心。(^-^)

しかしこれをネット中段にバッサリとかけてしまったり、フェンスまで届くくらいの大アウトを放ってしまうと精神崩壊を起こします。

コートに寝転んで悔しがる姿も、ジュリイは嫌というほど見てきました。

まあ、レッスン中に生徒がやったことなら笑って済まします。しかしミスした本人は悔しいだろうと思います。

なんたって周りの人たちは、これは決まっただろうと思っていて、本人もそれを信じて疑わないくらいのチャンスなのですから。

それをミスした本人の精神的ダメージは計り知れません。

あなたが2度とそんなミスを犯さないためにも、チャンスボールについてしっかり理解して欲しいと思います。

過去記事の「チャンスと思うなチャンスボール」にも書いたのですが、あなたにとって、そのボールは本当にチャンスなのか?

またこれも過去記事になりますが、「チャンスボールは自己中になれ!」のように、時には周りに流されず、つなぐという選択があっても良いと思います。

今回あなたに伝えたいのは、チャンスボールについての誤解についてです。

チャンスボールって、多くの方がポイント1歩手前だと思っていると思うのですが、いかがでしょうか?

もちろん間違っている訳ではありませんが、チャンスボールにも色々なレベルがあります。1本で決まるくらいのチャンスボールから、少し有利な程度のチャンスボールなどといった具合です。

そのボールでポイントを狙うかどうかはあなたの判断に任せたいと思いますが、こんな考え方もあります。

それは、チャンスボールとは「自分の有利な形勢を続けられるボール」という考え方です。

あなたがボレーヤーだとして、そこにフラフラとボールが上がってきたとします。

ここで絶対にやってはいけないのはミスをすることです。

チャンスには違いありませんが、果たしてこのボールが1本でポイントになるのか?

その判断がNOだったとします。

それなら自分は、相手にとって嫌なコースや高さにつなぎ、次に相手から返球されるボールに期待しましょう。

次の相手からの返球が、またもやフラフラと上がってきました。

その判断は?

これもNOなら次に期待です。

また相手からフラフラとしたボールが・・・。

今度はYESでした。

ここでやっとポイントを得られるということになります。

1球目のフラフラがあなたの好みのボールでないなら次に期待。

2球目のフラフラもあなたの好みでなかったら・・・3球目に期待。

3球目のフラフラも・・・

このような考えを持つと、実際に強く打つのは最後のボールのみで、それまでのボールはスピードは二の次で、コースと高さに気を配っているだけです。

こうなれば、自分にリスクのあるプレイはせずに、自分の好みのボールだけを選りすぐって確実にポイントするということになるので無理がありません。

チャンスボールは決めるもの!ではなく、

チャンスボールとは、自分が有利な状況をキープできるボール

と言い換えることもできます。

今までチャンスボールが来ると決まってミスをする、と言う方は、こんな考え方を持つとミスを減らせるかも知れませんね?

おまけ

長く通ってくれていた生徒とのお別れもこの時期が多いです。

転勤、引っ越しでやむを得ずスクールを辞められます。

お別れは寂しいですが、きっと引っ越ししてもテニスを続けられるだろうし、続けて欲しいと思います。

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする