ポーチボレーの成功率を限りなく上げる方法 ~ダブルス家訓シリーズ~

どうも!現役コーチのジュリイです!

ダブルスでの代表的なポイントパターンに、ポーチボレーがあります。

これが決まると、リズムに乗っていけますよね。

まさに2人で取ったポイントって感じがしますから(^-^)

そんなポーチボレーの成功率を上げる方法をご紹介します。

手っ取り早くポーチボレーでポイントできるのは、サーブからのリターンを狙うことです。

ここでの成功率を上げるには、サーバーとのコンビプレイが必要です。

基本はサーブをセンターに入れてもらうことですが、たとえサーブがセンターに入らなくても、これさえ注意すれば成功率が格段に上がります。

それは、相手の体勢を注意深く見ることです。

例えば、サーバーがワイドへのスライスサーブを打ったとします。

その時、相手のレシーバーはどのような体勢になっているか?

ボールに反応して身体が付いていっているのか?それとも、やっと届いてラケットに当てているだけなのか?

前者なら自分のストレートをケアしなければいけませんが、後者ならポーチに出るチャンスです。

デュースサイドで、サーバーが相手のボディへのフラットサーブを打ったとします。

相手のレシーバーはどのような体勢になっているでしょうか?

最低限のスウィングを確保できるような体勢を取れているのか?それとも身体をさばくことできず、やっとブロックしただけなのか?

前者で、バックの場合はストレートへボールが飛んでくる可能性もあるので自重します。

後者ならチャンスです。

しかしポーチと言っても、フラットサーブであればサーブのスピードが速いので、自然にレシーバーのボールのスピードも速く、そんなに遠くのボールには届かないかもしれません。

しかし、センターに意識を持つことができていれば、1歩遠くのボールに反応できるようになります。

アドバンテージサイドで、サーバーが相手のバックへ高く跳ねるスピンサーブを打ったとします。

相手のレシーバーはどのような体勢になっているでしょうか?

高い打点でボールを待ち構えるような体勢が取れているのか、それとも差し込まれたり、打点が狂っているように見えるのか?はたまたバックハンドスライスで返球しようとテイクバックを取っているのか?

前者なら自分へのアタックとストレートへのケア。

後者ならポーチのチャンスです。

打点が狂っているということは、コントロールできていない可能性が高く、またバックハンドスライスは、滞空時間が長いことと、クロスへボールが来やすいので(特に高い打点の場合)ポーチボレーのチャンスです。

長いストロークラリーになった時も、考え方は同じです。

相手の体勢から次に打ってくるであろうボールを想像し、クロスへ飛んでくる可能性が高い場合にポーチボレーを仕掛けると、成功する確率が高くなります。

  • 相手が苦しそう
  • 相手はバックが苦手で、バックで打つ場合
  • センターへ回り込んだ場合
  • やっとボールに届いた時
  • スライスの構えをした時
  • のけ反りながら打った時
  • etc

いくつか挙げてみましたが、いずれも相手が満足な状態で打てない時を狙っています。

逆に言うと、ストレートに来る可能性が低い時を狙ってポーチに出るということです。

相手をよく観察することができれば、クロスへ来やすいのか、それともストレートへ狙って来るのか、何となく分かるようになってきます。

最初のうちはクロスへ来やすい状況を分かろうとするより、ストレートへ来るのはどんな状況かを実戦の中で考えてみて下さい。

それが分かれば次は、ストレートに来ない状況、ストレートには打つことができないであろう状況を実戦の中で理解しましょう。

消去法ですね。

これはストレートに来ないだろうという状況の時に、思い切ってポーチに出るだけです。過去記事の、来ないコースは棄てるべし!も読んでみて下さい。

最初にも書きましたが、ポーチボレーが成功すると、リズムが良くなり、気分的にも乗ってきます。

パートナーが相手に満足な状態で打たせない状況を作って、その状況を逃さず、思い切ったプレイで自分がポイントを取る。

まさしくダブルスコンビプレイですね!

あなたもポーチ名人になって、パートナーから喜ばれましょう!

※ダブルスのポジションや配球でお悩みの方にお勧めする動画に、「テニス草大会女王 杉山貴子のダブルス必勝プログラム」というものがあります。

ジュリイの感想は「ダブルス必勝プログラムの中身を公開」から読んで下さい。

フォローする