テニスの試合を分析すると、〇〇が見えてくる!?

どうも!現役コーチのジュリイです!

テニスはプレイするだけで楽しいものですが、もっと上達したい!試合に勝ちたい!と思っている方にはぜひ今回の方法を取り入れてもらいたいと思います。

その方法とは、試合のデータによる自己分析です。

あなたは自分のテニスを冷静に分析したことがありますか?

上達したい!試合に勝ちたい!と思うなら、自分の何が強いのか?何が弱いのか?

どのような時にポイントを取れて、どのような時にポイントを失っているのか?

それらを冷静に把握することが大事だと言えます。

ジュリイは大学時代からそんなことをやっていたのか?

と言われれば、全くやっていませんでした(;´∀`)

今でこそこんな風にブログで語っていますが、一番テニスに打ち込んでいた大学時代は、ただひたすらボールを打って、体力と気合でテニスをしていました。

よく体育会のやつらは脳みそまで筋肉でできている、とか言われていましたが、そんなに間違っていなかったかな、と思います。

話を戻して、と。

自分の試合を分析する方法とは?

さて、それではその分析方法をお伝えします。

試合方法は1セットマッチでも、4ゲームマッチでも構いません。

試合での得点と、失点のポイントを、全て3つに振り分けます。

<自分の得点>

  1. 自分のエース
  2. エースではないが、相手にミスをさせた
  3. 相手が勝手にミスをした

<自分の失点>

  1. 相手のエース
  2. エースではないが、相手にミスをさせられた
  3. 自分が勝手にミスをした

すべてのポイントは、上記のうちのどれかに振り分けられるはずです。

そして、自分の得点源となるのは1~3のどれなのか?

自分が相手にポイントを取られるのは1~3のどれが多いのか?

1試合ではデータが不足していると思うなら、何試合かのデータを取ってみると良いです。

また、試合をより客観的に見てもらうなら、データ分析の係を1人設けて、1~3に正の字をつけてカウントしてもらうと良いです。

一般的な傾向として、初心者ほど3、が多くなり、上級者になると1,2の割合が増えていきます。

確率志向のテニスを目指す

雑誌や色んな情報で、目を引きやすいのは、パワー、スピード、スピン、というようなフレーズです。

しかし試合で大事なのは、いかに自分のミスを減らすか、をベースとした「パーセンテージテニス」です。

その時々の状況で、ポイントを失わないために、自分のできることの中でどんなショットが安全か?

ポイントを獲得するために、自分のできることの中でどんなショットが一番効果的か?

常に状況判断と選択を迫られるのがテニスの試合です。

技術的に上手いのになかなか勝てない人は、パーセンテージテニスを実践できていないのかも知れませんね。

自分の持っている技術を試合で最大限に発揮するために。パーセンテージテニスの実践のために、まずは自分の試合の分析から始めることをお勧めします。

負けないテニスを突き詰め、世界のトップ選手を排出し続けるスペインの選手の思考、練習方法、スペインテニスの戦略を解き明かしたDVDがあります。

「ザ・ストロークマシン、スパニッシュテニス」を購入し、レビューした記事はこちら⇒ザ・スパニッシュテニスDVDがあなたのストロークを劇的に変えるかもしれないというお話

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    てにままさん、こんばんわ~(^-^)
    相手のエースは気になりませんか。てにままさんは落ち着いた試合運びが得意そうですね。ダブルスはペアの方がポイントゲッターなのでしょうか。ダブルスのペアは似た者同士はあまり良くないと言いますから丁度良いんじゃないですか?
    自分が決めたい気持ちも分かりますけどね(笑)

  2. てにまま より:

    データは取っていませんけれど
    相手のエースは全く気になりません。
    シングルスで言えば、返して返して(相手より先にミスをしない)テニスを心がけています。

    ダブルスでペアがポイントを取ってくれるのに
    自分が決めることが少ないとテンション下がりまくりです(爆)