チャンスと思うな!チャンスボール! 

どうも!現役コーチのジュリイです!

ダブルスゲーム中、チャンスボールが飛んできたらあなたはどうしますか?

フルスウィングしますか?

それともコースを狙ってポイントを取りにいきますか?

そもそもチャンスボールって何だと思いますか?

ジュリイが思うチャンスボールとは、「ポイントが取れる可能性が高いボール」だと思っています。

当たり前の表現でしたね。

テニスは判断の連続です。

どこにどんなボールを打つか?コースは?高さは?回転量は?スピードは?

その時その時にベストの判断を下し、実行していかなければなりません。

判断ミスをすると、そのままポイントを失ったり、苦しい状況に追い込まれたりします。

今回は、やっと巡ってきたチャンスボールについてです。

スクール生の方に多いのですが、チャンスボール。特に自分がネットにポジションしている場合に、相手から力の無い浮いたボールが来たら、これでもか!とばかりにフルスウィングしてしまう。

多分心の中で 「もらった!」

と思っているのだろうと思うのです。

気持ちは分かります。やっと来た甘いボールですもんね?

でも、ちょっと待った!ですね。

そのボール、本当にその1本で決まるボールですか?

そんなに振ったらアウト、ネットの可能性が上がりませんか?

または、コース、高さのコントロールが甘くなって、相手に返されてしまいませんか?

チャンスのように見えて、本当にそこまでチャンスなのか?

ボールを打つまでに判断をして欲しいな、と思います。

チャンス!と思うから焦るのです。

「チャンスと思うな!チャンスボール」です。

しかし、だからと言って、せっかくの甘いボールを、まるで相手に合わせるように甘いボールで返すのはもったいないですから、厳しいボールを送るべきなのですが、ここは冷静に、以下のような打ち方を心がけましょう。

●自分がミスをせずに  (ミスをすれば終わり)

●相手からカウンターを食らわず (速いだけのボールはキケン)

●コースと高さに気をつけて (足元、特に相手の手前で弾むようにすると、次も浮いて来やすい)

●あわよくばポイントを取れるボール (取れたらラッキー、返ってくるものと思っておく)

●ポイントを取れなくても、次もチャンスが巡ってくればOK (この1本で決めなければ!と焦らない)

これが一番ポイントに結び着きやすい考え方だと思います。

こういう判断の元で打ったボールはきっと、スピードは抑え目だが、オープンコートや足元に正確にコントロールされているはずで、もし相手からの返球があっても、甘いボールが返ってくることが多くなるはずです。

チャンス!と思ってしまうと、まるで何かのスイッチが入ってしまったかのようにフルスウィングしてしまう方がすごく多いので、あなたはそうならないよう、ぜひこのような考え方を覚えてほしいと思います。

僕の生徒さんの中には、まるでボールを思い切り叩くことを最終目標にしているのではないか?と思われる方もいますが、(笑)

チャンス!と思っても、ぜひ冷静になって、最終的にポイントを取るためにはどんなボールを打つべきかを判断して下さいね。

フォローする