試合で簡単に負けないテニスプレーヤーの特徴とは?

どうも!現役コーチのジュリイです!

テニスのトーナメントで安定した成績を残す人っていますよね。

レベルの近い相手には接戦で競り勝ち、格下の相手には決して取りこぼしたりしない人。

あなたの身近な人にもこんなプレーヤーっていませんか?

あなたもそんなプレーヤーになりたくはないですか?

テニスの試合で簡単に負けないプレーヤーはどんな特徴があるのでしょうか?

ジュリイが思う、試合に簡単に負けない人ってこんな人です(^-^)

テニスは、特にシングルスにおいては、ミスの数が少ない方が勝ちます。

まず、この考え方が身に付いているかどうかでその人のプレイが大きく変わってきます。

ダブルスは先に仕掛けた方が有利な面も多いですが、シングルスは違います。

シングルスは守備力を重視した方が勝てます。

粘りのプレイを身につけよう

試合中のプレイのベースには粘りのストロークが必要です。

自分が有利な状況でもないのに、いきなりベースライン後方からエースを狙っても、先にミスが出るのは自分です。ポイントできることもあるでしょうが、それを何本も重ねると、トータルで見たら結局ミスが多く、そのプレイを繰り返すほどに相手にポイントを取られることでしょう。

相手を追い込むことをいきなり考えず、まずは自分が簡単にミスをしないプレイを心がけましょう。

そして、その粘り合いの中にチャンスを見つけてポイントを取っていきます。

粘りの中にチャンスを見つけよう

自分からミスをしないプレイを徹底し、安定して相手コートにボールを返していると、いずれ甘いボールや、チャンスボールが返って来ます。

相手も人間なので、ついボールが浅くなったり、チャンスボールを送ってしまったりすることがあります。あなたはそれを根気よく待つことが必要です。

あなたは相手コートに返すことを重視してプレイしているとします。なるべく際どいコースを狙わず、コートの内側2メートルくらいを目安にボールをコントロールしようとしていますが、必ず毎回ラインの2メートル内側にボールが落ちるでしょうか?

答えはNOですね?

安心して下さい。

それってプロ選手でも無理ですから。(^^;)

ボールには必ずバラつきが出ます。プロ選手も同じです。

ボールのバラつきの範囲が、一般プレーヤーよりプロ選手の方が狭いというだけです。

あなたのボールはバラついてもコートの内側に入れば良いのです。

ボールがバラついた結果、ベースライン一杯に入り、相手を追い込むことだってあります。

あなたは意図していないかも知れませんが、相手を追い込んでいることには違いありません。

すると相手の返球が浅くなったり、チャンスボールが返ってきたりします。

あなたはコート内2メートルに入れ続ける気持ちでボールを打っているだけで良いのです。

チャンスボールをポイントへと繋げよう

さて、やっと巡ってきたチャンスボールですが、先に良くない考え方のプレーヤーを挙げてみます。

それは、チャンスと見ればすぐにポイントを取ろうとするプレーヤーです。

積極的なプレイが悪い訳ではありませんが、チャンスはポイントを狙うものだ!とばかりに強打したり、際どいコースを狙ったりと、ポイントを取ることを焦ると、結局はミスが増えてしまいます。

チャンスボールが来た時に、最もお勧めするプレイは次のようなプレイです!

1本で無理に決めようとしないで、相手からミスを引き出すようなボールを打つこと 

です。

1本で決めようとすると、ポイントを取ることも多いですが、自分のミスはそれ以上に多くなります。

相手からポイントを奪うというより、相手からミスを誘うようなプレイの方が、トータルで考えると優れています。

最後に、もう一つ、同じように優れたプレイがあるので紹介します。

相手より多く返すことを徹底しよう

これはさらに粘りに特化したプレイです。

相手のボールがどんなボールだろうと、それがたとえチャンスボールであっても、決して自分からポイントを取ろうとせず、永遠に粘ることを徹底したプレイです。

こんなプレーヤーと対戦するのは気分が滅入ります。

でもシングルスではこれが強いのです。

死ぬまで繋ぐ!という印象を相手に与えられれば刈田も同然です。

あなたもこんな相手と対戦したことがあるかも知れませんね・・・。

最後にまとめると・・・。

  • 粘りのプレイをベースに考える
  • ポイントを取ろうと焦らない
  • チャンスボールでも焦らない
  • チャンスボールは、相手を追い込むボールを打つ
  • チャンスであってもなくても徹底して粘る

今回の記事の内容をよく読んで、その半分でも実践できれば、あなたがテニスのシングルスの試合で、さらに良い成績を残せるよになるかも知れません。

粘り強いシングルスを得意としているのはスペイン選手です。

世界で活躍するスペイン選手たちはどのように考え、どのようにプレイし、どのように指導を受けているのか?

疑問に思ったことはありませんか?

スペインテニスの神髄を明らかにしたDVD、その名も「ザ・ストロークマシン、スパニッシュテニス」が発売され、

どうしても気になったので買ってみました。

詳しくはこちらの記事でレビューしています⇒ザ・スパニッシュテニスDVDがあなたのストロークを劇的に変えるかもしれないというお話

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする