女子シングルスのプライベートレッスンPART2

どうも!現役コーチのジュリイです!

以前の記事になりますが、ジュリイのプライベートレッスンを公開 の記事の続きのようになりますが、今回もプライベートレッスンのお話です。

またまた女子シングルスの試合が控えているため、シングルスの内容に絞ったプライベートレッスンです。

前回のおさらいになりますが、ラインの1m内側に仮想ラインを設けるイメージを持つことは継続してやってもらいました。

またチャンスボールをコート内に入って、コースを慎重に狙って打つことも思い出してもらいました。

技術的に言うと、その方はスピン系のストロークを続けることができるが、一撃のショットがある訳ではなく、サーブが強力という訳でもありません。

メインはストロークでの粘りの中でチャンスボールを引き出して、オープンコートへポイントを取りにいくという戦略をお勧めしました。

オーソドックスといえばそうですが、それを相手以上に徹底することができれば勝てると思いました。

実際に前回の女子シングルスでは優勝することができ、自信もついたことと思います。

シングルスもダブルスも、自分の実力、自分の強みをどう生かすかが大事です。

もちろん日々の練習で各ショットの精度を高めることは必要ですが、いざ試合となったら、今の実力で勝負するしかないのです。

では今の実力で格上の相手に勝つにはどうするか?

試合で自分の実力を100%発揮するにはどうすれば良いか?

試合の日が近いならそういったことを考える方が良いですね。

今回のプライベートレッスンの内容では目新しいことはあまり取り入れずに、前に行った内容のおさらいを徹底することと、試合中の気持ちの持ちようをアドバイスしました。

その内容はこういうものです。

ベースラインギリギリは狙わないようにすること。ラインギリギリを狙うと、厳しいボールも増える半面ミスが増えます。簡単にミスをしてくれるほど楽な相手はいませんからね。自分からのミスを減らすためにはラインより内側を狙う方が良いです。

また、そのようにラインの内側を狙っていても、たまたまライン一杯に入ることもあります。すると相手は苦しくなり、ミスが期待できたり、浅いボールが期待できますね。攻撃するならそのボールを狙っていけば良いです。

それと、相手からやっと引き出したチャンスボールをミスする原因は、厳しいコースを狙いすぎていたこと。チャンスボールはコーナーギリギリなんていらないのです。

相手をコートの外に追い出した後、次に打つボールはオープンコートの半面の真ん中へ打つことをお勧めしました。

<画像1>相手をコートの外に追い出して・・・

コートPL1

<画像2>オープンコートの真ん中へフィニッシュ(厳しいコースは必要ない、ミスが出る)

PL2

この時に相手が追いついて返球してきたら、落ち着いてまたラリーを続けていけば良いです。ポイントを取る事に焦ってしまうと先に自分がミスしてしまうことになります。

という訳で、この方のすることはとてもシンプルです。

①コート内の安全なコースへ打ち続けること。

②たまたま厳しいコースへ打てた時に、オープンコートへフィニッシュを狙う(厳しいコースはいらない)

基本的にこの2つをベースに実践していく。焦って速いラリーでポイントを取りに行かず、しんどくても長いラリーを覚悟すること。

試合中の心の持ちようですが、長いラリーを楽しむくらいの気持ちで臨むこと。

自分で全て組み立ててポイントを取る必要はないが、チャンスは攻撃すること。

それを根気よく実践すれば、先に相手が音を上げるので、終わってみれば6-2など、意外と大差で勝つこともできます。

相手のボールが遅いだけで格下と判断しない事。もし格下相手でも自分のテニスを崩さない事。自分のテニスを見失って速いテンポで攻撃すると、ミスが連発して格下の相手でも負けてしまうことがあるので注意すること。

こんなところでしょうか?

シングルスの戦いは自分との戦いです。

自分の得意なショットを生かした戦い方をどれだけ貫いて実戦できるか?

もちろん相手も同じことを考えて実行してきますが、相手に合わせるより自分のプレイを優先して考えた方が、勝っても負けても納得できると思います。

あなたがシングルスに出場する時に参考になれば幸いです。

スペインテニスの神髄をDVD化したものを購入した感想はこちら⇒ザ・スパニッシュテニスDVDがあなたのストロークを劇的に変えるかもしれないというお話

フォローする