テニス、レベル差のある相手との練習方法って?

あなたがもっともっと上達したいとします。

そして学校の部活やサークル、あるいは中の良い友人とテニスをしているとした場合、自分より上手な人もいれば、そうじゃない人もいます。

その中でもっと上手くなるにはどうすれば良いか?

団体に所属している場合、特に高校、大学では上級生になるにつれて上手くなっていきますね。

色々と教えてくれたり、自分より上手だった先輩は卒業によりいなくなり、いつの間にか自分や自分たちが一番上手になっていたりします。

さて、その時にどういった練習をするのか?が上達へのテーマになります。

テニスに限らずスポーツは自分より上手な人に相手をしてもらった方が上達は速いです。

周りが全てお手本になるし、ボールのスピードが速いとテンポが上がり、自然に低く構えるようになるし、足を動かすようになります。

しかし自分がその団体で一番上手になってしまうと、自分より高いレベルで揉まれることがなくなります。

かといってその団体(部活、サークル)を簡単に離れるような無責任なことはできませんよね。自分が先輩に教えてもらったり、練習の相手をしてもらったように、今度は後輩にそれをしてあげないといけない立場になります。

さて、その中でどうやって上達して行くのか?を書いてみたいと思います。

ボール出し練習については別の機会に書くとして、今日書きたいのは試合、又は試合形式の時の上達練習方法です。

あなたとシングルスの相手にはレベル差があります。

いつも試合をすると、6-0とか、少しゲームを取られても、6-2で勝つような相手です。

このような相手と普通にゲームをしても自分が圧倒して終わるだけなので、こんな場合は自分に制限をかけましょう。

例えば・・・

  • ファーストサーブ禁止
  • バックは必ずバックハンドスライスで打つ
  • ストロークはサービスラインより奥を狙う
  • ストロークはクロスへしか打たない
  • ストロークはストレートへしか打たない
  • サービスゲームは必ずサービスダッシュをする

上記のうち、一つだけ、または2つを同時に行います。相手のレベルに合わせて自分でルールを設けて下さい。

個人でやるなら、自分の心の中だけでルールを作って勝手にやることができます。

あなたが団体のキャプテンとか練習の責任者であれば、レベルの高い方に制限をかけて試合をさせるのも良いでしょう。

どれくらいの制限をかければスコア的に競るようになるか、さじ加減をして下さい。

また、ダブルスでは次のような方法があります。

  • ファーストサーブ禁止
  • サービスダッシュはしない(または必ず行う)※普段と逆を行う
  • リターンは必ずロブ
  • リターンは必ずストレートアタック
  • リターンは必ずリターンダッシュ

シングルスでもダブルスでも、普段自分がしないこと、苦手なため避けてきたことをあえて取り入れると良いと思います。

この練習方法の良いところは、相手に言わなくてもできるところです。

逆に言うと相手のプライドをキズつけてしまう恐れもありますから、そのへんはあなたが使い分けて下さい。

高校、大学、サークルの部長、キャプテンなどの役職になると悩みは必ずあることと思います。

練習方法のことや、人間関係のことなど本当に大変だと思います。

テニスのことに関して、練習方法のことについてであれば、ジュリイのできる範囲でアドバイスしたいと思いますので、お気軽にメールやコメントをお待ちしています。

おまけ

ありがたいことに、生徒さんやスタッフからチョコレートを頂きました。

chokoマンガ

甘い物好きのジュリイとしては嬉しいです。

妻は持って帰れと言いますが、家には持って帰らず、全て自分で食べようと思っています。(^-^)

フォローする

コメント

  1. ジュリイ ジュリイ より:

    てにままさん、こんばんわ~(^-^)
    あらあら、そのお方、きっちり勝ちにきてますね~(笑)
    年齢、性別カンケーなし!なんですかね~。
    てにままさんがプンプンしているのが目に浮かぶようで可笑しいです(笑)

  2. てにまま より:

    ある男性とシングルスの練習をすることがあります。
    ファーストサーブは必ず入れてくるし(面を合わせると結構返せる)
    サービスダッシュ、リターンダッシュで
    ポイントを取りに来る。

    手加減してくれないと私の練習にならないんです^_^;

    言ってやって!!!ほんと(笑)

    ちなみに15歳年下です。
    最後に一言「オレもまだまだ出来るな!」って(@_@;)