初めて体験するボールは取れない

あなたもきっと経験があると思います。

試合の対戦相手や、自分よりレベルが上の人とのラリーなどで同じボールを何度もミスしたことが。

初めてキックサーブを受けた時。

地面を這うようなスライスを打たれた時。

強烈なスピードのフラットサーブ。

ものすごく切れのある左利きのスライスサーブ。

初めて体験するボールは何度やっても上手く相手コートに返せませんよね。

もちろんジュリイもそんな経験をたくさんしてきました。

この間もそんなボールを受けました。

自慢じゃないですが、返せませんでした。(;´∀`)

YONEXの新作ラケットの試打会の会場に本村プロが来ていました。

本村プロはYONEX専属のプロ選手なので、新作のプロモーションのためにYONEXのスタッフの一員として来ていたのです。

その時にラリーの相手や、ミニゲームの相手を本村プロがしてくれていました。

これはチャンス!(=゚ω゚)ノ

本村プロをやっつけるにはこの時を置いて考えられない!とばかりに束になってかかっていきました。

サーブ権をくれるというので、ジュリイは渾身のフラットサーブを打ち込みました!

相手は本村プロなので、ミスを期待していた訳ではありませんが、多少は浮いたボールが返ってくるかも?と一瞬期待しながらサービスダッシュしたその時です!!

とんでもなく速いボールが、生き物のようにネット上で急激に落ちてジュリイの足元に!!(>_<)

え???

と思う間もなく返り討ちに会いました。(-_-;)

そんなボール、今まで受けたことがないんですけど・・・?

スピードだけなら返せました。

スピンが強烈なボールも受けたことがあります。

でもあんなスピードで、あんなに落ちるボールには今まで出会ったことがありませんでした。

今まで経験したことの無いボールというのはいきなり返せるものじゃない、ということを今さらながら痛感しました。

あなたも試合に出場して、初体験のボールを受けたことがあると思います。

恐らく満足に返せなかったことでしょう。

しかしこのようなボールも、球筋を予測することができれば返せるようになります。

満足に返せるようになるには練習することが必要ですが、その時に返せなかったとしても、1度体験すればそれが自分の糧となり、次に同じようなボールを受けた時には予測ができるので、少しはマシに返せるようになっているはずです。

自分よりレベルの高い人、自分では返せないであろうボールを簡単に返す人は、そのようなボールをたくさん受けてきたから返せるのです。

あなたも今返せなくても、きっと返せるようになります。

これからは初体験のボールに出会ったら、そのボールの球筋、スピード感をしっかりと覚えておくようにして下さい。

その経験は決して無駄にはならないはずです。

おまけ

バレンタインDAYが近づき、スクールでも生徒さんにチョコをもらうコーチがあちこちで見られるようになってきました。

しかし先日せっかく生徒さんから頂いたチョコレートをコートに忘れて帰った不届き者コーチがいて、こっぴどく叱りました。(-“-)

若くても生徒さんからの心配りを感じられるコーチになってもらいたいものです。

こまめに更新します。

ありがとうございました。

フォローする